新宿御苑野外スケッチ(2) プラタナス並木スケッチ

さて、教室本番の日です。

前回の記事では洋館とヒマラヤスギを一つ目の候補としましたが、
実は、下見の時は、プラタナス並木を2番目の候補としていました。
(当初は、下の写真の右の情景)

      新宿御苑すずかけ並木 新宿御苑すずかけ並木2

結論から言いますと、本番では、ヒマラヤスギではなく、プラタナス
の並木を描きました。(<本日の絵>を参照ください)

今回は、新宿教室のBクラスとの合同スケッチでしたので、総勢
40人近くになります。
N先生は、いつもの通り、描く前に、概略について講義を催します。
次々と、新宿御苑の巨木を説明していきます。

            新宿御苑すずかけの巨木

説明ではじめて知った巨木(ハルニレ)もあれば、いつも目立つユリ
ノ木もあります。

      新宿御苑ハルニレ 新宿御苑ユリノ木

そして解散です。午後3時半に再集合です。それまでは各自孤独の
闘いの時間です。

私自身は、冒頭に述べたように、この日はプラタナス並木をスケッチ
したのですが、当初の構図とは違い、プラタナスそのものだけでなく、
並木の間から遠望できるユリノ木やケヤキの巨木と、新宿のビル群
までも入れてしまいました。少し欲張りすぎたかもしれません。

<本日の絵>
アルシュ 全紙 新宿御苑プラタナス並木(途中経過)
プラタナス並木スケッチ2
プラタナス並木そのものを描くのではなく、
広場を望む並木の端からの景色を絵にしました。
空を埋め尽くすプラタナスの葉をどのように描くか
それが問題です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【新宿御苑野外スケッチ】

さて、教室本番の日です。前回の記事では洋館とヒマラヤスギを一つ目の候補としましたが、実は、下見の時