FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンドシュ・プローデル作陶展 -Paroles d'automne/秋の言葉- 」訪問

前の記事に続いて、ギャラリー富小路オーナーの紹介による展覧会です。
表題の展覧会の作家、アンドシュ・プローデル氏はフランス人で、最初
は油絵画家だったようですが、現在は作陶ならびに写真家として、定期
的に日本で個展をされているようです。

今回の会場は、阪急うめだ本店 7階の武術画廊です。事前の知識なし
に訪問したのですが、会場内に入った瞬間分かりました。陶器、写真い
ずれも芸術性が高く完成された作品だと。

訪問後、この展覧会を紹介していただいたオーナーに感想を送りました。
この記事では、それを引用して感想にかえさせていただきます。

以下、感想です。
1)楽焼だけでなく織部もありさらには絵画(写真)までと幅広い作者の守
  備範囲に驚きました。
2)焼き物はあまりわからないのですが、平皿の表面の質感、バラエティー
  に富んだ絵柄の楽焼、写真と絵の具を組み合わせた絵画などどれも見ご
  たえのあるものでした。基本的に日本の陶芸の伝統をまもりながら、ど
  ことなく絵柄には欧米の方の美意識もまざっており、その塩梅がちょう
  どよくて不思議な魅力を引き出しているように思いました。
3)作者ご本人からもお話を伺ったのですが、物静かで思索的な雰囲気で、
  哲学者のような紳士とお見受けしました。


あらためてふりかえってみるとけれんみのない(これでもかとみせつけると
ころがない)、静かで知的な作風で精神的に深みを感じさせます。

写真を撮っていないので、ここで直接お示しすることはできませんが、ご本
人のHPに作品集があるのでご覧ください。→ココをクリックください。

<本日の絵>
プローデル作陶展363(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。