大阪・池田城望楼からの眺望(線描)

これまでは、大阪の街の歴史的な特徴として寺内町をとりあげて
きました。

しかし、織田信長が安土城とその城下町を築いて以来、城下町は
関西には今でも旧跡が多く存在します。

ところが江戸城と江戸の街が圧倒的な存在感を持つのと同様に、
大阪城と大阪の街の存在が大きいために、近郊の城下町は影が
薄いのは否めません。

今回紹介するのは、池田市にある池田城跡の公園で、復元された
お城の望楼からの眺望です。

池田城2 池田城3 池田城4

厳密に言えば、池田城は室町時代の城で、最後は荒木村重の謀反
で信長に滅ぼされ、その後廃城になっているので、城下町があっ
たかどうかわかりませんが、城下町ではなくても、城下には古い
民家がところどころ残り、予想外によい場所でした。(機会があ
れば、いつか街もご紹介したいと思います。)

<本日の絵>
アルシュ 
大阪・池田城からの眺望(線描)(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 公園スケッチ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)