「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」 神戸ファッション美術館(2)

さて美術館訪問ですが、最初から躓きました。webであらかじめ行き方
を調べていたのですが、「六甲ライナー」で「六甲アイランド島」へ行
くというのを、三ノ宮から出発するポートライナーと思い込んでいたの
です。

あやうく三ノ宮へ行きそうなところを途中で気が付き、梅田から阪神で
魚崎駅へ、そして六甲ライナーに乗り換えて無事六甲アイランドに着き
ました。

      神戸ファッション美術館3 神戸ファッション美術館2

予想外に美術館はとても立派でモダンな建物の中にありました。にもか
かわらず、料金がとびきり安い!(65歳以上は250円)

さすが、デザイン都市神戸だけあります。

さて、以下美術展の感想です。

1.予想以上の数のスケッチが展示されていました。大変儲けものでした。
  鉛筆、ペンの線描は、いずれも夢二タッチで、スケッチですら夢二だ
  とすぐにわかります。

2.スケッチの対象は海岸や街の風景もありますが、人物が多く、風景で
  も単独のものは少なく、働く人や何か動作をしている人物が入ってい
  ます。

  有名な夢二の美人画は今回の美術展でも多数展示されていましたが、
  あの柳腰の美人は測ると12-15等身で、よく見るととても不自然
  なのです。しかしスケッチの人物はいずれも実際の人物の姿を写し取っ
  ています。

3.今回のテーマに沿って、スケッチは米国、欧州と晩年の海外でのスケッ
  チのみなので、人物は欧米人です。彼らの顔がきちんと描き分けられて
  いて描き方の参考になりました。

4.同じく、建物の描き方やカルフォルニアの海岸風景は、その場の特徴が
  よく捉まえられていて、(モントレ―の海岸など私も行ったことがある
  ので見た瞬間懐かしさを覚えました)楽しんで鑑賞できました。

以上、私だけかもしれませんが、夢二がスケッチ帳を常に持ち歩き、絶えず
スケッチやメモを取っていることを初めて知りました。男女関係のエピソー
ドの印象が強い夢二ですが、何を見てもスケッチしている姿が浮かんで何か
親近感がわいてきました。

なお、今回の展示では、定番の美人画だけでなく版画や、本の装丁画、楽譜
の表紙など、デザイン系の作品も多く展示されていました。美人画だけの印
象が強かった私はその商業的才能に驚くばかりです。(美人画より素晴らし
いかもしれません)

今回は詳細省きます。

<本日の絵>
竹久夢二
竹下夢二展2

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)