「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」 神戸ファッション美術館(1)

先日の日曜日の朝、神戸ファッション美術館で開催中の表題の
美術展に行ってきました。

10日ほど前に偶然新聞記事でこの美術展のことを知りました。

竹久夢二については、関連の書籍や美術展カタログでそれなり
に読んだり見たりしていたのですが、美術展などで原画を見る
ほどではありませんでした。

しかし、記事の中で「米国、欧州で描いた素描、スケッチを展
示している」との言葉に心を動かされました。

さらに加えれば、一月前に、竹久夢二美術館の石川桂子氏著
「竹久夢二 《デザイン》 モダーンガールの宝箱」(講談社 
2012年)を読んだばかりだったのです。

夢二の美人画という定番の絵ではなく、そのデザインセンスに
驚かされました。

このようなことも重なり、「神戸ファッション美術館」という
聞きなれない美術館にでかけることにしました。
(続く)

<本日の絵>
竹久夢二
竹下夢二展

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)