今年の桜(関西) 靭公園遠望

四月の初旬、靭公園内にある大阪科学技術館に向かいました。
技術館内にある近畿化学協会を訪問して、表紙絵の原画(5月
ー8月)を渡すためです。

靭公園については桜の名所と言われていませんが、技術館の
近くに数十本あることは覚えていたので、内心期待していたので
す。

残念ながらまだ3分咲きでした。それでも近くの主婦と思われる
女性たちが花の下で井戸端会議をしていたり、外国人男性4人
組が花の下で酒盛りをしていました。

桜の樹の西の階段を上ってみると、眼前にせせらぎがある庭園
が広がります。目の前の芝生にはビジネスマンやビジネスウー
マンがゆったり休み、せせらぎには子供が遊び回っているのを
みているうちに都会の中の公園としてスケッチしようと思い立ち
ました。

        靭公園

線描を<本日の絵>に示します。

なお、靭公園の北の地域はこれまで歩いていませんでしたので、
探検することにしました。

しばらく歩くと街の表情は東京の神田周辺と似た雰囲気になって
きました。 
        靭公園北

さらに歩くと思いがけない建物が現れました。日本基督教団大阪
教会
です。これまた、ヴォーリス設計の建物で、国の登録有形文
化財になっています。

       靭公園北の教会 靭公園北の教会2


<本日の絵>
フライングタイガー・スケッチブック2枚続き 靭公園遠望(線描)
大阪・靭公園(線描)(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

初めまして。並木の線画、美しいです。描き込んでもスッキリさせるためのコツってありますでしょうか?

Re: No title

ご訪問、コメントありがとうございます。

> 描き込んでもスッキリさせるためのコツってありますでしょうか?

樹木の種類と距離に関係するので一概には言えないと思います。(そのときの気分でも描きこみの程度が変わってきます。)、この絵の場合、中景のヒマラヤスギなどは、黒くなるほど描きこんでいますが、最終的に葉は深い青緑なので、描きこんでも問題ありません。(スッキリしているかは別ですが)
一方、針葉樹以外の広葉樹や照葉樹の場合、枝葉はあくまで樹種の枝ぶりと葉っぱの付き方の特徴を把握して線描します。その際特徴は正確に描く必要はありますが、枝の数や枝別れしている細枝の数(葉っぱの形が見える場合はその数)は必ずしも現実の数を描かないほうがスッキリするようです。遠方の樹木の場合は、樹冠の特徴を把握し、輪郭だけにして、葉っぱは点描で済ませばスッキリするようなきがします。あくまで、私の方法ですので他のペンスケッチ作家さんの絵も御覧になられてはいかがでしょうか。

No title

コメントありがとうございます^_^
特徴捉える。なかなか難しいですがイメージ大切ですよね。お手本にさせて頂きます^_^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)