正月の贈り物

東京から実家に戻ってみると、居間の机に大きな封筒が置
かれていました。

開けると数冊分の雑誌が入っています。その表紙を<本日
の絵>に示します。またその末尾に、紹介文を載せます。

実は、昨年の個展に訪問していただいた知人のNさんが、長
年関係されてきた近畿化学協会の雑誌、「近畿化学工業界」
の次年度の表紙絵の候補として私の絵を推薦していただい
たのです。

大変光栄でありがたいこととお受けしたところ、幸いにも理事
会で採択され、今年1年間毎月の表紙を飾ることになったの
です。

昨年秋、4か月分の絵をお渡しし、撮影していただいたのです
が、その完成版の1月号が届いたというわけです。

印刷物になった自分の絵を見るのは初めてで、少し不思議な
気がします。額装で展示されたときとはまた違う印象、何か自
分の絵ではないようです。

今年1年続きますので、都度ご紹介いたします。

<本日の絵>
近畿化学工業界表紙絵
近畿化学工業界1月829(縮小)
今月の表紙(1月

「四条木屋町・村上重本店前の路地」

 「線スケッチ画」では、現場で下書きなしにペンで描くため、緊張と臨場感が線描に現
れます。その線の表情を活かすように透明水彩絵の具で彩色しますが、混色ではなく
重ね塗りをするため絵全体に透明感と鮮やかさが生まれます。
 今回この線スケッチの方法で描いた村上重本店はスケッチや写真撮影ポイントとして
有名です。しかし定番のお店の町屋建築正面ではなく、古さびた建物が立ち並ぶ路地
の景観の方が現代を表していると思えたので描いてみました。

線スケッチ画・文・渡邉英一

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

自分の絵が表紙になるなんてすごいですね。
こちらまでドキドキしてきます。
この1年紹介を楽しみにしています。

Re: No title

Mitsukoさん

コメントありがとうございます。

これまでと違う仕事ですが、線スケッチを知らない多くの人に知ってもらえるのが励みになります。

No title

わたなべ・えいいち さんへ

こんにちは、

雑誌の表紙絵に採用は、
年の初めに、二重に嬉しい事ですね。
~~ お目出とうございます。~~ 
私は「現場で早描き」に憧れていまして、えいいちさんの作品を
拝見させて頂いております。 
本年も宜しくお願いします。
(シンミより)

Re: No title

シンミさん

コメントありがとうございます。
お礼のご返事大変遅れてもうしわけございません。

「現場で早描き」がどこまでできているかどうかわかりませんが、
作品を見ていただきありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

現場でペンを走らせていると何とも言えない幸せな気持ちがしてきます。
この喜びの感じを記事を見ていただいている皆様に今年もお伝えしたいと思います。

ありがとうございました。

No title

えいいちさん♪
明けましておめでとうございます!
雑誌掲載すごいですね!!おめでとうございます♪
今年は、また新たなご活躍の場が広がりそうですね!

Re: No title

慧喜さん

コメントありがとうございます。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

雑誌表紙絵、本文に書きましたように、大げさな言い方になりますが、別の自分
を見るような新鮮な気持ちがしました。

この1年間の掲載をアップしていきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)