梅田・Osaka Station City 時空(とき)の広場(線描)

10月15日に梅田教室の野外スケッチで、待ち合わせ場所の
Osaka Station City の時空の広場に出かけると、普段は
何もない場所に一面花壇が設置され、かぼちゃの置物ととも
に草花が咲き乱れていました。

      時空の広場 時空の広場2

どうやらハロウィーンのイベントがあるようです。

スケッチにはおあつらえむきのポイントになったので、スケッチ
してみました。


<本日の絵>
ウォーターフォード F4 梅田・Osaka Station City 時空(とき)の広場(線描)
梅田・時空の広場

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 都市スケッチ

神戸・東天閣(線描)

気にはしながらも、またまたプライベートの事情があり、永らく記事を書く期間
が長く空いてしまいました。ぼちぼちまた始めます。

一月前に「神戸みらくる部活」の記事でコメントしました、「神戸海外移住と文化
の交流センター」の近くに、洋館を利用した中華レストラン「東天閣」があります。

北野の洋館については、これまでいくつか描いてきたのですが、2階部分の複
雑さに惹かれて、描いてみることにしました。


<本日の絵>
ウォーターフォード F4 神戸・東天閣(線描)
神戸・東天閣
久しぶりに、人物なしの風景です。そのかわり、路地に停められたバイクや自転車に
人の気配を感じていただけたらと思います。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 都市スケッチ

第68回正倉院展訪問(2)

さて、正倉院展の展示ですが、以下の分類で示されていました。

1.聖武天皇のご遺愛の品々
2.献物に関わる宝物
3.天平の音楽と舞踊
4.聖武天皇一周忌齋会と法会の荘厳
5.天平伽藍の供養と荘厳
6.奈良時代の金属生産
7.奈良時代の暮らしと装身具
8.正倉院文書
9.聖語蔵の経巻

一言で感想を言えば、実物を見るのと印刷物を見るのとでは、印象が
まったく違ったということです。待ち行列をしてみるだけの価値を実感
できました。

いつものように線スケッチの見方で眺めると、どの品も、机の上に置い
てスケッチしたくなるほど魅力的です。

作品の保存状態がよいせいか、仕上げがきっちりしているだけでなく、
模様のデザインも鮮やかに残っていて、エキゾチックな雰囲気が魅力
を増しているように思います。

今回の展示品では、床几や楽器、法会で使われた布の断片、大きな
幡の残訣欠のデザイン、金属装身具など、手元で実物を見てスケッチ
してみたいものです。

なお、今回初めて知ったのですが、なら仏像館、中国古代青銅器<坂
本コレクション>の展示も同時に見ることができました。

特に、中国古代青銅器の坂本コレクションは圧巻でした。もう一度時間
をかけて見てみたいと思います。

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(正倉院展待ち行列)
正倉院展777(縮小) 



テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ

第68回正倉院展訪問(1)

毎年秋、テレビでは正倉院展のニュースが流れますが、一度も訪れたこと
はなかったと思います。(もしかしたら、若いころ一度訪れたかもしれません
が、記憶がありません。)

理由は、テレビ画面で映し出される入場待ちの人々の長い行列です。館内
の押し合いへし合いを想像すると、とても行く気がしなかったのです。

とはいえ、日本人と生まれたからには、死ぬまでに一度は見ておかねばとの
思いもあり、金曜日の奈良のスケッチ教室が終わった後、思い切ってでかけ
ました。

国立博物館を目指して県庁前の大通りを進むと、平日にも関わらず、人々で
にぎわっています。

どうやら、イベントが行われているようです。近づくと、食のイベント「C'festa
2016 in 奈良・馬見」とあります。

             奈良Cfesta 

残念ながらすでにコンビニランチを食べたので、横目で見ながら進むだけです。
さらに進むと、国立博物館の建物が見えてきました。

正倉院展の入り口は、遠くに白いテントが並んだ、新館のようです。

           正倉院展6 

当日券は簡単に買えましたが、すぐに長蛇の列が始まります。このような時に力を
発揮するのが人物スケッチです。2枚ほど目の前に並ぶ人々を描く間にあっという
間に入場口につきました。
(続く)

<本日の絵>
マイブック  正倉院展入口の待ち行列
人物スケッチ(正倉院展)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ

伊丹・荒牧バラ園、線描完成

今年5月に訪問した伊丹市の荒牧バラ園の水彩紙への線描を、
やっと完成させました。 

フライングタイガースケッチブックへのラフスケッチは、すでに紹
介している
のですが、やはり水彩紙だと線をのびのび描く
ことができないので、下書きスケッチするのもいたしゆかしです。

参考までに、ラフスケッチの線描を下に示します。(画像をクリ
ックすると拡大します)

          荒牧バラ園(線描)(縮小)

<本日の絵>
ワットマン F6 伊丹・荒牧バラ園(線描)
伊丹・荒牧バラ園(線描)(縮小)
バラの花びらの線上の模様をどこまで描くか迷うところです。
何も描かないと線描の状態では目立ってよいのですが、平板
になるので、結局細かく入れたのですが、全体にラフスケッチ
の時にくらべて几帳面な線描になってしまいました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 公園スケッチ