「井奥美鈴 花の水彩画 365日展」(1)

今年に入っていくつかの美術展を訪問していますが、なかなか記事で
紹介することができないでいます。どんどんそのとき受けた感動が薄
れていくので少々あせっています。

表題の美術展訪問記をまず書いて調子をとりもどし、他の美術展訪問
記も続けて紹介していきたいと思います。

井奥美鈴さんは、スケッチブック展、あんカフェオープンアトリエ活動の
仲間としてこれまでにも何度もご紹介しましたホームページのギャラリー
でわかるように、抽象画など現代アートが中心ですが、今回の美術展は、
具象画でしかも花に対象を絞って365日描きためた水彩画を展示したも
のです。(ご自身は花の水彩画の教室の講師をされているので、この美
術展はその活動の一環とも思います)

一月ほど前に、明石市にある会場を訪れました。 明石市は一度も降りた
ことがなく、降車駅である「大久保駅」付近もまったく予測がつきません。

   井奥美鈴展 井奥美鈴展5 井奥美鈴展6

駅に降り立つと、予想外に栄えている街でした。会場に向かう道は駅前の
整備された商店街です。 会場のギャラリーは、その商店街の中に真新しい
2階建ての建物です。

                                 井奥美鈴展9 井奥美鈴展8

会場にいたギャラリーのオーナーの女性にお会いした時に伺ったお話で
は、昔こちらでご主人とお店をやっておられたときに都市計画整備があり、
それ以来お店をやめていたそうです。70台になって、好きな絵のお店を
やりたくて、永い間更地にしてあったこの地にギャラリーのための建物を
建てたのだそうです。
<続く>

<本日の絵>
未展示の花の水彩画のファイルブック
井奥美鈴展画
会場に展示されていない作品も、ファイルブック2冊で机の上
に置かれていました。これを見ると、花を描くのに、いろんな
方法を試されています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

再開いたします

先週水曜日の夜行バスで東京に向かい、昨日、東京より関西にもど
りました。ただ、まだ記事を書く気力がありません。

東京では老々介護の日々でしたが、千葉市美術館で開催されている
「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画「マネジメントの父」が愛した
日本の美」と、いつもブログを訪問いただいている方の個展を訪問で
きたことが唯一の息抜きでした。
(美術展の感想もいくつも滞っています。いつか書かなければ)

今後、徐々に調子を戻していきたいと思います。

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(阪急京都線)
人物スケッチ(阪急京都線)569(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

人物スケッチ(こけだまワークショップ)(2)

あんカフェオーナーのしのぶさんの知り合いのこけだまの講師、
谷口花織さんが先生で、しのぶさんもいれて5人の生徒さんが
参加しました。

開始時間は10時半なのではやく来られた方とはその間私のス
ケッチを紹介しました。

約束通りワークショップ中、スケッチを行いました。こけだまの作
品と一緒に撮ったスケッチの写真を示します。(添付写真には先
生としのぶさんは描かれていません)

           こけだまワークショップ2 こけだまワークショップ3

こけだまワークショップの終了後はランチです。机の上に出てくるは
出てくるは、色とりどりのかわいらしい食べ物が。皆歓声を上げて机
のまわりに集まり写真撮影です。

      こけだまワークショップ4

いったいいつのまにしのぶさんはこんなに手間暇がかかる食べ物を
いつ作ったのでしょうか。

しのぶさんによれば、将来出したいと思っていたフィンガーフードを試
作したとのこと。ランチの代わりに食べてほしいということでした。

わたくしもお相伴にあずかり、その美味しさを十分に味わいました。
予想外の贈り物です。

<本日の絵>
フライングタイガー助地ブック 人物スケッチ(こけだまワークショップ)(線描)
人物スケッチ(こけだまワークショップ)582
右端の女性はスリランカ出身。堀の深い顔の輪郭を注意深く描きました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

人物スケッチ(こけだまワークショップ)(1)

先週水曜日の、あんカフェオープンアトリエの日、残念なことに、
魔女メグさんが、急に出勤しなければならなくなり、朝午前9時半
に鍵を受け取るために待ち合わせることになりました。
待ち合わせ場所は阪急三宮駅の北口にある通称「おっぱい公園」
です。

朝、8時半に到着すると、なんとすでに魔女メグさんがスケッチ中
なのを発見しました。鍵やその他品物を受け取り、あんカフェに向
かいました。

   こけだまワークショップ

午前10時ごろ見知らぬご婦人がドアをノックして入ってきます。オー
プンあとりえに訪れた方だと思い招き入れたところ、違うとの返事が
返ってきました。カフェのオーナーのしのぶさんから以前頼まれてい
たことをすっかり忘れているのにようやく気が付きました。

すなわちこの日の午前中は、「こけだまワークショップ」を開くのに協
力することです。
(私がワークショップの人物スケッチをすることも約束していました)
(続き)

<本日の絵>
フライングタイガースケッチブック 人物スケッチ(こけだまワークショップ)
人物スケッチ(こけだまワークショップ)583
作成したこけだまを撮影するK.M.さん。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

神戸ぶらりスケッチ会(6月14日) (2)

午前中に北野異人館街の小さな家のスケッチを終了したので、
午後は以前描いていたトリックアート美術館前のウェディング
会社のビルのスケッチを左に伸ばしてセブンイレブンのビルを
描くことにしました。(完成した線描を<本日の絵>に示します)

北野異人館街をこれまで何枚も描いてきました。以来、異人館
そのものを描くのもよいのですが、現代の街をあらわす光景を
描きたいと考えてきました。

この絵では、近年急速にこの街に増えたウエディング関係のお
店と街になじむように色彩も配慮されたセブンイレブンの建物を
描きました。

その意味で、異人館街の現代を表す絵を描けたのでないかとい
う思いがあり、ささやかな満足感を得ることができました。

なお、いつになるかわかりませんが、このフライングタイガーのス
ケッチをもとに、多くの観光客が行きかう通りを描いた本作品を
作成したいと思います。

午後3時の集合時間がせまってきました。全員集合(みすずさんを
除く)、出来上がった作品をあんカフェで発表しました。(下の写真)
                        2015神戸ぶらりスケッチ会4

<本日の絵>
フライングタイガー (2枚続き) 神戸異人館街(セブンイレブンとトリックアート美術館)(線描)
北野異人館街セブンイレブン・トリックアート(線描)
図が小さいのでわかりにくいと思います。右半分がウエディング店の
ショーウィンドウとトリックアート美術館の遠望、左半分がセブンイレブ
ンの瓦屋根付きビルで屋根越しに見えるのは旧パナマ美術館の屋根
です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

神戸ぶらりスケッチ会(6月14日) (1)

この日は第2回「神戸ぶらりスケッチ会」です。
前夜東京から戻ったばかりで疲れがとれていなかったのですが、朝か
ら目の覚めるような晴天で心が晴れてきました。

この日ばかりは、スケッチに集中してすべてを忘れようと北野のあんカ
フェを目指します。

魔女メグさんの提案で、前回のスケッチポイントの北、あんカフェの北側
を1周する小道がスケッチポイントになりました。
参加者は私と魔女メグさん他2名(Iさん、みすずさん)です。

解散の声とともに、すでに決めていた旧パナマ領事館の北にある小さな
お店に直行しました。

                   2015神戸ぶらりスケッチ会6 2015神戸ぶらりスケッチ会7

この場所はいつも美しい花々が咲き乱れ地中海風の壁の小さなお店が
建っていて、なかなかいい雰囲気なのです。

10日ぶりのスケッチです。気持ちがたかぶります。一気に1時間程度で
F4の水彩紙に線描を行いました。

<本日の絵>
ワットマン F4  神戸北野異人館街の小さなお店(線描)
北野異人館街小さな家(線描)
小さなお店の向こう側に見えるのは旧パナマ領事館です。本来ならば
この建物を主役にしたほうが良いのでしょうが、現代の北野を示す小
物を販売するお店を主な対象としてみました。


テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

記事を再開のお知らせ(おわびがてらの私的つぶやきです)

気が付けば、記事を勝手に休んで10日近くなってしまいました。

実は義理の母親の緊急入院の知らせが入り、東京に詰めて対応に追
われておりました。
土曜日に高齢の母親が住む関西に戻ってきました。(4月に100歳で亡
くなった父親の納骨の準備や事務手続きが残っているため)
誰が悪いのではないと知っているのですが、義理の母親の今後について
医療体制の矛盾や家族の介護の在り方などに、やりきれない気持ちをか
かえながら対応を続けていて、落ち着かない日々が続いています。

それでも、日曜日には「神戸ぶらりスケッチ会」、昨日は「あんカフェオー
プンアトリエ」に参加し、心が洗われる気持ちがしました。

少し気持ちを持ち直しましたので再開したいと思います。

ブログの記事を書かれる方の姿勢として、生活の身辺でおこったことを、
悲しみもよろこびも率直に書かれる方から、あるテーマに限定して書か
れる方まで様々です。

私の場合は、「線スケッチの魅力」というテーマに限定しており、私的なこと
は、極力書かないことにしていましたが、「老老介護」という近年多くの人々
が直面している問題を避けて通ることはできないのではと考え始めています。
(これまでも、突然一週間近く記事をお休みしたのはこの理由が大半でした。)

今後、ときおり「老老介護」の話題をさしはさむかもしれませんが、関係する皆
様のお役に立てる内容にできればと思います。

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(阪急)
人物スケッチ(阪急京都線)570(縮小)
電車での全身像は久しぶりです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仏具・法具・法要スケッチ(4)

仏具スケッチシリーズの最後です。(<本日の絵>)

今回避けていた分野を描いてみて、地味だと思っていた仏教の世
界は、よくみると大変色彩豊かな世界があることを実感できました。

もともと奈良の大仏開眼だったか何かの儀式での金色の大仏、大
仏殿を飾る旗や幟の装飾や、僧侶がはおる色とりどりの袈裟、広
場で繰り広げられる雅楽の舞の衣装などニュースで見た世界は、
きらびやかの一言に尽きることを思い出しました。

いつのまに、私は地味な世界だと思い込んでしまったのでしょうか。

いつか、仏教における文様と神道における文様を意識して取り上げ
たいと思います。

<本日の絵>
フライングタイガー(A4X2) 静物スケッチ(仏具)
静物(仏具)合体

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仏具・法具・法要スケッチ(3)

法要を行った施設に飾られた花瓶の花を描きました。
薄紫の花で、バラのようなのですが、仏教にあうのかどうか
いぶかりながら描いてみました。

<本日の絵>
フライングタイガースケッチブック 仏花(?)
静物(仏花)(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仏具・法具・法要スケッチ(2)

ブログを見る方には、縁起でもないテーマとおもわれると思いますが、
これまで生きていたにもかかわらず、よく見てこなかった対象なので
スケッチしました。(<本日の絵>)

京都の街歩きスケッチで何回か、仏具・法具を製作するお店があること
に最近になって気づきました。この絵に描いた仏具をおそらく作っている
と思うと、なんとなく馴染みがでてきます。

<本日の絵>
フライングタイガー スケッチ 仏具
静物(仏具)(縮小)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術