1月度教室テーマ:カフェスケッチ 講評会結果(続)

さて、本来の課題に沿って作成した三井ビルスターバックスの絵
(昨日の<本日の絵>に紹介。下記 サムネイルをクリックください)
ですが、その制作過程をまず紹介します。

                            西新宿三井ビルスターバックス(彩色)

今回は現場でいきなりF4水彩紙を広げて描くのではなく、いつものよ
うにマイブックに描きました(<本日の絵>)。  そして、それを下書きとし
て、F4に描いたのです。

いつもと違うのは、人々のいろいろな姿を別途描いておき、それを最
終の絵柄を作るのに参考にしました。(その後、2度この店に通いました
が、描くために座った場所が必ず占有されているのには泣かされまし
た。)

マイブックの下書きでは、目の前の二人の女性のおしゃべり姿と、左に
ある、レザーの背もたれの繰り返し模様に興味を持ち、それを中心に
描きました。

ところが、いざ本番では、カフェスケッチなので、やはり食べ物を描かな
くてはと思い直し、手前にテーブルと、スターバックスのロゴが入ったコ
ーヒーカップを描き加えました。そこがマイブックとの大きな違いです。

講評の結果ですが、N先生からは:

1.二人のおしゃべり姿を描いたというが、描き切っていない。
    また、カフェスケッチとしてコーヒーカップを描くなら、もっと大きく描く
   必要がある。 (おしゃべり姿の女性とどっちつかずになる)
2.右の女性のブランケットと床のピンクが同じで、わかりにくい。
    床の色を別の色に。

ということで、特に1.のコメントは、本質的です。

実際、コーヒーカップは、カフェスケッチだからと機械的に描き加えただ
けだったことを簡単に指摘されてしまったのです。

やはり、コーヒーカップ一つでも、思いを込めて描かないと、すぐに見る人
にそれが伝わるのだということがわかりました。

あらためて<本日の絵>のマイブックスケッチをみると、私が興味を持った
おしゃべりする二人が、大きく描写されているので、あきらかにこちらのほ
うがよかったと、反省です。

<本日の絵>
マイブック ジンブツスケッチ(西新宿三井ビルスターバックス)
人物スケッチ(西新宿スターバックス)441

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : カフェスケッチ 東京

1月度教室テーマ:カフェスケッチ 講評会結果

2月21日の土曜日に、1月期のテーマによる講評会が行われ
ました。

前回の記事で説明しましたが、今回の野外スケッチでは、F4
2枚を描くことが課せられていました。

私の場合、野外スケッチの当日は、三井ビルのスターバックス
と新宿野村ビルの地下にあるレストランバーを選んだのですが、
彩色が間に合ったのは、三井ビルのスターバックスだけでした。
(当日の下書きスケッチは別途記事にします。)

そこで、苦肉の策として、今期のテーマとは制作動機がまった
く異なりますが、同じカフェスケッチだと割り切って、すでにご紹
介した神戸あんカフェのスケッチ
(下図)を併せて持っていき、講
評を受けることにしました。(もっとも実物は、まだあんカフェに展
示中です。持って行ったのはA4の紙に印刷した絵ですが。)

                              あんカフェスケッチ(彩色)

さて、結論を先にいうと、なんと先生からは、あんカフェのスケッ
チの方がよいと言われてしまいました。理由は以下の通りです。

)全体の色遣いがよい。
2)中景のカウンター周りの小物の描写がよい。
3)机の縁の横線、カウンターの横線、キッチンの横線が、微妙に
   傾斜して右方向に狭まっているのが、リズムが感じられて心地
   よい。
4)楽しんで線描を行った様子が伝わってくる。

だそうです。しいて難をいえば、椅子の色とカウンターが同化して
わかりづらいのと、白壁が白すぎることだとのこと。お皿だけが白
くめだつとよいとのこと。また、キッチン内をより細かく描けばさら
によくなるとも。

白壁については、実は、スキャニングで淡いオレンジ色が消えてし
まったのでした。

以上ですが、<本日の絵>のスターバックスの絵に対する講評は、
次の記事でご紹介します。

<本日の絵>
ワットマン F4 人物スケッチ(新宿西口三井ビルスターバックス)(彩色)
西新宿三井ビルスターバックス(彩色)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : カフェスケッチ 東京

1月度教室テーマ:カフェスケッチ

今年1月度からの新宿教室の野外スケッチのテーマは、
カフェスケッチでした。
新宿を中心に、カフェのスケッチ、F4二枚を作成するという
ものです。

このテーマの狙いは、カフェスケッチは、現代都市スケッチ
をするにあたって、避けて通ることができないテーマである
こと、技術的には、日本のように時間がかけられない海外
での都市スケッチにも通用するものを習得することです。

先日の土曜日に講評会を終えたのですが、そこにいたるま
でには、生徒さんいろいろ苦労されており、私もその例外で
はありませんでした。

その苦労話をする前に、まずは作品を紹介します。
まずは、西新宿三井ビルのスターバックス内を描いた線描
です。(<本日の絵>)

<本日の絵>
ワットマン F4 人物スケッチ(新宿西口三井ビルスターバックス)線描
西新宿三井ビルスターバックス(線描)
この線描は、F4のスケッチブックに現場で描いたものではありません。
まず、現場でマイブックにいろいろスケッチしてから、F4のスケッチブ
ックに写したものです。近々その工程も記事にする予定です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : カフェスケッチ 東京

人物スケッチ(上野・ヱビスバー)

昨年の秋ごろ、上野駅不忍口から出ると、以前あった古い雑
居ビルは、新しくビルが建てなおされており、その中の(あるい
は右隣のビルかも。正確には覚えていません) ヱビスバーが
ランチ時すいていたので入りました。

当然、ヱビスビールを注文しました。(<本日の絵>)

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(上野・ヱビスバー)
カフェスケッチ(上野イェビスバー)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : お店スケッチ

静物スケッチ(花、小物) (彩色 背景修正)

ダメもとで、前回の記事で書いた気になる点を以下のように修正して
みました。

1。 花の色がめだたないので、背景の机のグレーを濃くする。

ということで、思い切って濃くしたのはよいのですが、全体に暗くなると
同時に、ウルトラマリンの影が、陰でなくみえてしまい、明らかに失敗
でした。

今となって思うのは、花の背後の部分だけ濃くすればよかったのかも
しれません。

あるいは、白ピンクの花を、異なる色に塗るとか、他に方法があったか
もしれないなどと愚痴っぽい思いが次々に浮かびます。

解決策は、いつまでも愚痴をくりかえさず、もともとやり直しがきかない
アナログ手法の宿命なのだといさぎよく悟って、描き直すしかないので
しょう。

<本日の絵>
ワットマン F4 静物スケッチ(花。小物)(彩色 背景修正)
静物(花と小物)(彩色、背景修正)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

静物スケッチ(花、小物) (彩色)

前回の記事の線描の彩色結果です。

携帯スケッチブックで彩色したときと、ほぼ同じ絵の具を使って
まず塗ってみました。

今回、上からの照明で机上にできた花の影をフレンチウルトラ
マリンで描いてみました。その影を際立たせるために、机の色を
薄くしてみましたが、今度は花があまり目立たなくなりました。

机を濃く塗って、花を際立たせるかどうか、悩みます。

<本日の絵>
ワットマン F4 静物スケッチ(花、小物)(彩色)
静物スケッチ(花、小物)(彩色)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

静物スケッチ(花、小物) F4水彩紙線描

さて、次に、携帯スケッチブックの素描を描いてから本
格作品を描くという初めての試みです。

ただし、素描を描き写す、あるいは素描をもとに、作品を
イメージで生み出すのではなく、改めて現物を観察して、
同じ花、小物を携帯スケッチでここw改めればよかったと
おもったところを注意して、F4 水彩紙に線描を行いました。

また、小物の配置ですが、携帯スケッチブックの花瓶の右
側のカップが平凡な形と色だったので、別なカップに変え、
右手前に花びらをおいて、少し趣向を変えてみました。

<本日の絵>
ワットマン F4 静物スケッチ(花、小物)(線描)
静物スケッチ(花、小物)(線描)携帯スケッチブック
透明の花瓶が複雑な凸凹模様で、その様子を表すのに苦労しました。
花の茎が、見えるところと見えないところがあるので、それを丁寧に描
いて、なんとか透明感を出そうとしています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

静物スケッチ(花、小物)(彩色)

昨日の携帯スケッチブック線描の彩色を行いました。

少し、がっかりしたことがあります。

安価なスケッチブックにしては、これまで発色がよいことに
満足していたのが、花の色にピンクを使ったとたんに、紫色
にしか発色しないのです。

やはり、安価な分、何かしら不具合は出てくるのは致し方な
いことかもしれません。

<本日の絵>
Orion Sketches 128mmmX182mm 静物スケッチ(花、小物)(彩色)
静物スケッチ(彩色)387
実は、机が真っ白だったので、結構悩みました。(通常ならば、
敷物を敷くか、木目のある木の机の場合が多いので、それほ
ど悩みません)
結局、少しブルーで彩色することで、なんとなく白い無地の机
があるよと見てほしいなどと虫のいいことを考えました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

静物スケッチ(花、小物)(線描)

昨年末は、花瓶に花だけのシンプルな静物スケッチを報告し
ましたが、花瓶の花に小物を組み合わせて、少し複雑にしま
した。

今まででしたら、高級水彩紙に一気に線描を行っていましたが、
今年から使いだした携帯スケッチブックの練習が気持ちよいの
で、静物スケッチも、携帯スケッチブックに描いてから、本番の
絵を描いてみることにしました。

<本日の絵>に、携帯スケッチブックの線描を示します。

<本日の絵>
Orion Sketches 128mmmX182mm 静物スケッチ(花、小物)(線描)
静物スケッチ(花・小物)372(携帯スケッチ)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

人物スケッチ(三軒茶屋中華レストラン)

目の前のカウンターに座った女性の食べる姿です。

まず、左手の蓮華を持つ手を描いたのち、
麺を箸で持ち上げた瞬間を描こうと、しばらく動作を
目に焼き付けてから線描を行いました。

<本日の絵>
マイブック  人物スケッチ(三軒茶屋中華レストラン)
人物スケッチ(三軒茶屋中華レストラン)367

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ お店スケッチ