長浜探訪(1)

9月の初旬、琵琶湖北東の街、長浜に高槻から日帰りで
行ってきました。

余った「JR青春18切符」を使ってほしいとの申し出をあり
がたく受け、スケッチに適した古い町並みはないかと探す
と、長浜という街が検索でヒットしました。

インターネット画面上では、なかなかいい雰囲気です。有
名なゆるキャラの「ひこにゃん」がいる彦根よりもよさそうで
す。

関西に住んでいた時も、滋賀県の駅にはまったく降り立つ
ことはなかったので、行く場所をここに決めました。

京都駅を過ぎて、滋賀県に入り大津を過ぎ、さらに進むと、
「南草津」という駅を過ぎました。

  長浜へ 長浜へ

この駅は、数十年前にはなかったはずです。周辺は、やけ
に人工的でおそらく、最近開発された場所でしょう・・・、など
と思いながら、よく考えると、4-5年前に、立命館大学理工学
部に行くために、ここで降りたことがあることを思いだしました。
そのときも同じことを考えました。

さらに、草津、野洲、安土、彦根と進み、米原に到着です。こ
こで東海道線と分かれ、北陸本線を北に進むと、意外にすぐ
に長浜に到着しました。

        長浜駅

いつもの通り、駅でレンタサイクルを探そうと、観光案内所で聞く
と、案内所の女性が、何となくお勧めしないというような顔をして
います。

行って、理由が分かりました。値段が高いのです。今忘れてしま
ったのですが、確か一日、1000円ほどでした。(それは、自転車が、
普通の自転車ではなく電動自転車だからか)

何はともあれ、スケッチポイント探しには、自転車が欠かせません。
まずは、自転車に乗って、長浜城の方に向かいました。

<本日の絵>
マイブック 小田急線人物スケッチ
小田急線人物スケッチ015
人物というよりも、またしても携帯電話を持つ手に
注目した結果、顔を描くことができませんでした。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

京都駅から四条河原町へ(3)

四条河原町に向かって北上すると、はるか先に、五階(?)
建ての特徴あるビルが見えてきました。

どんどん、大きくなってきます。

京都9 京都8 京都7

昔から、気になっている東華菜館の本店です。(未だ、食事
はしたことがありません)

ただ、建物は、いつかはスケッチしてもよさそうなたたずまい
です。

   京都6 京都

パノラマ・スケッチも意識して、四条大橋から南座を入れ
て写真を撮ってみました。

  京都4京都3

托鉢僧を入れた図などはいいかもなどと思いつつ、阪急の
四条河原町から帰路につきました。

<本日の絵>
マイブック 小田急線 人物スケッチ
小田急線人物スケッチ014
携帯を持つ手に注目すると、顔に比して手が
やたらに大きくなってしまう例です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

京都駅から四条河原町へ(2)

木屋町通に沿って河原町を目指すと、次第に観光地らしい
雰囲気が出てきます。

背後は、鴨川に向いた料亭なのか、木造の多層建築が目立
ちます。

          京都12

高瀬川沿いも、いかにも旅雑誌の写真にあるような雰囲気が
出てきます。

少し、疲れてきたので、橋で休んでいると、おあつらえ向きに、
水鳥(名前はわかりません)が、目の前に飛んできました。

しめたとばかりに、マイブックにスケッチです。(これは、すでに
紹介しました)

     京都高瀬川 京都高瀬川2

すこしそばには、源融の屋敷跡と案内板がある、大きな木が
すずしげに枝を広げています。

     京都14 京都13

京都は平安から幕末まで、やたらに史跡が出てくるので、却っ
てややこしい。シンプルな仙台が懐かしい。
(続く)
hr size="1" /><本日の絵>
マイブック 京都駅高速バス乗り場待合室
京都駅高速バスステーション013
9月の始め、所要があり、運賃節約のため、高速バスを利用して
東京に行くことにしました。
待合室は、座るところが少なく、席をたつとすぐに取られてしまう
ので、スケッチをして待つことにしました。
前にすわる若い女性が同じ姿勢でおしゃべりをしていたので、余
裕を持って描くことができました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

新宿御苑桜スケッチ 色塗りどうしたらよいものやら

京都から河原町までの散策記事は、次回にまわし、最近
さぼり気味のスケッチの記事を今回お話します。

実は、4月期の、教室野外桜スケッチの絵を今頃になって、
色塗りを再開しました。(最終回の講評会では、薄塗りの
状態で、持っていき、皆さん、批評のしようもなく困らせて
しまった絵です)

スケッチした日は、空はどこまでも青く澄み渡り、桜の木
が、くっきりとしたシルエットを描いていたのですが、
いざとなると、真っ黒にはとても塗りつぶすことはできません。

どの程度に色塗りをおさめたらよいのか、本当にまよいます。
(その点、線描だけの時は本当に楽しめるのですが・・・。)

もうひと踏ん張りしてみます。

<本日の絵>
全紙 アルシュ  新宿御苑桜(途中経過)
新宿御苑桜スケッチ(H24.4)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

京都駅から四条河原町へ(1)

9月初め、新宿行きの高速バスのチケットを買いに、京
都駅に行ったついでに、京都駅から四条河原町まで、
河原町通りと鴨川の間の地域を歩いてみました。

かつて京都に住んでいたにもかかわらず、この地域は
ほとんど歩いたことがありません。
実際、当時からつい最近まで、このお地域は見るべきも
のはないと思いこんでいたからです。

しかし、スケッチの眼でみたらどうなるかと思いなおし、
この機会に歩いてみたのです。

結論から言うと、「あり」でした。なんというか、古い木造
の建物が路地に向かい合って、連なり、どこを描いても
絵になりそうです。

京都16 京都17 京都18

当然、無名の場所ですから観光客はまったくおらず、住民
すら暑さのせいか歩いていません。

しかし、ここまで古い木造住宅が(しかも、荒れ果ててい
ない)つらなる場所は、同じく戦災に遭わなかった、東京の
あの谷根千(谷中・根津・千駄木)にもありません。感動も
のです。(あくまで個人的な感想ですが)

以下、写真でご覧ください。

  京都19 京都11 京都11

<本日の絵>
マイブック 新宿クリニック待合室にて
新宿クリニック人物スケッチ016
病院の待合室スケッチは、東北大学病院以来久しぶりです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

史跡嶋上郡衙跡(悠久の歴史ネットワーク)

高槻市の住まいは、山坂の多い所なので、今後の外出
の便利さを求めて、電動自転車を新たに購入しました。

購入した電動自転車に乗って帰る途中、道路の左右に
田んぼでも畑でもない広場を見つけました。

看板をみると、「悠久の歴史ネットワーク」とあり、その広
場は、「史跡嶋上郡衙跡」と書かれています。

仙台にいた時に訪れた、多賀城は、国衙なので、嶋上郡
衙は、下の位置付けなのでしょうが、面積は、多賀城ほど
はないにしても結構広さがあります。

昔も今も、役所だけは、広い場所と大きな建物になってし
まうようです。

いずれにせよ、ただの広場なので、スケッチするにも何もあ
りません。

     高槻遺跡2 高槻遺跡6

高槻遺跡3 高槻遺跡4 高槻遺跡5

しかし、「ネットワーク」とは何ぞやと、看板をよく見ると、
近くに、ハニワ街道、今城大王の杜などがあり、歴史館
まで建っているようです。(もちろん、私の学生時代には、
そのような建物はありませんでした)

今城塚古墳は、真の継体天皇陵とみなされており、日本
古代史に興味を持つ人は外せないスポットです。

次回は正式に訪れてみたいと思いました。

<本日の絵>
ワットマン SM 大阪ステーションシティー屋上庭園
大阪ステーションシティー屋上庭園012
大阪駅の新しいビル、大阪ステーションシティーの屋上は、屋外
庭園になっており、暑いさなか、女性が土の手入れをしているのを
スケッチしました。
この屋上からは、大阪の街が見下ろせるので、いつか、ここから
スケッチをしてみたいと思いました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

阪急今津線 -甲東園駅-(2)

いよいよやく55年前の住居探しです。

子供の目には、遠く感じられた距離も、大人になった目では、
結構近距離だったことが判明し、少し面喰います。

関西学院大学前のバス道路を、甲東園駅方向に歩き、意外に
すぐの十字路を右に顔を向けると、ありました。そこだけ
クランクに道が曲がり、斜め向かいの角地に公園がある場所。

甲東園バス通り 上甲東園3丁目

まあ、関係のない人には、なんの感興も催さない変哲のない
住宅地なのですが、私にとっては、はるか昔の懐かしい場所
です。

しかし、突き当りの住宅がその場所のはずですが、どうも違
和感があります。

そうです、2分割されていたのです。クランクした道路を
さらに進むと、昔大丸百貨店にお父さんが勤めていた、小学
校の遊び仲間のOさんの家が、まだそこにありました。
そこで、やはりこの場所に違いないとわかったのです。

そのおうちが、近所で最初にテレビ(当時は白黒テレビ)を
買ったため、連日連夕、近在の子供たちが集まり、力道山の
空手チョップや、相撲を見に押し掛けたのも今や懐かしい思
い出です。

たまらず、親がテレビを買ったのも、今や思い出でです。


<本日の絵>
マイブック 調布駅バス停
調布駅バス停008
8月のある日、京王線調布駅に降り立ちました。
つい半年前に来たのに、駅舎が取り壊され驚きました。
大幅に変わるようです。
交番前で待ち合わせ中に、目の前のバス停で、人が群が
って空港行きのリムジンバスを待っている姿を描きました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

阪急今津線 -甲東園駅-(1)

甲東園駅を降り、向かいのビルの階段を下りると、
目の前にバスがきています。

直感的に、関西学院大学に行くバスだと思ったの
で、ただちに乗り込むとすぐに運転手の人に尋ねる
と、そうだとの答え。

ラッキーにも、すぐ出発です。

              甲東園駅地図 

曲がりくねった道をしばらく行くと、桜並木の高台に
出て、まっすぐいくと終点の関西学院大学の門の前
はすぐです。

      関西学院大学 関西学院大学2 

夏休みのせいか、学生たちは誰もいません。

門の前に立つと、時計台の建物の背後に、きれいな形の
甲山が丁度真後ろに見えます。構内に入ると、思い出の
原っぱがあります。ここで、夕方近くまで遊んだ記憶が
あります。

ヤシの木に、オレンジ瓦の建物は、どこかで見た気がします。
そう、シリコンバレー、パロアルトにあるスタンフォード大学
建物です。
     関西学院大学5 関西学院大学3

宝塚の記事で、雰囲気がシリコンバレー、パロアルト付近に
似ていると感じたのは、この関西学院大学の雰囲気が関係
しているかもしれません。

いずれにせよ、建物のデザインは全体的に統一され、大変
感じのよいキャンパスといえましょう。

各建物の正面のデザインは微妙に異なっており、おそらく、
時間上がれば、よいスケッチポイントが見つかるでしょう。

       関西学院大学7 関西学院大学2

今回は、大学のスケッチはやめにして、いよいよ、55年前の
住みかの探索開始です。
(続く)

<本日の絵>
ワットマン SM 小田急電車人物スケッチ
電車人物スケッチ011
電車スケッチの色塗りです。適当に服の色は塗っています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

阪急今津線 -仁川駅-(2)

さて、子供の頃遊んだ川はどうなったかと思い、
弁天池から戻り、西宮北口寄りに進むと、記憶に
ある川が見えてきました。

しかし、なんと水がまったくありません。

確か、ここで錦鯉を素手でつかんだはずななのに
・・・、とキツネにつままれた気持ちです。

        仁川河川

橋の上から川をのぞいていたら、年のころ私と同じ
中高年の男性が、「関西学院大学」はどう行けば
よいかと尋ねます。

こちらも、観光客風の姿をしていたのに、なぜ私に?
と思いましたが、「仁川から歩けないことはないが、
炎天下大変。甲東園駅からバスが出ている」と一応
教えます。

私の方は、昼食をとろうとレストランを探しましたが、
よいところはなく、結局宝塚駅に戻ってランチをとり
ました。
(続く)

<本日の絵>
ワットマン SM 仁川、天神池から甲山を望む
仁川天神池から甲山を望む010
前の記事で紹介した白描を色塗りしました。
真夏の日に照り映える山の色を表したつもりですが、
いかがでしょうか。
雲に陰をつけたのですが、スキャンではうまく出ません
でした。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

阪急今津線 -仁川駅-(1)

一応、小説「阪急電車」にならって、宝塚駅から仁川駅まで、順次車窓
を紹介します。

武庫川を渡ると、劇場の姿から河川敷が見え、宝塚ホテルが見えてきま
す。(河川敷、宝塚ホテルともに、小説では重要な役割を果たします。)

宝塚駅を発って(武庫川) 宝塚、武庫川 宝塚ホテル

逆瀬川、小林駅は、同じく小説では重要ですが、このブログでは、スキッ
プして、一気に、仁川駅を目指します。

なぜなら、私の子供の頃の記憶では、上甲東園の自宅から仁川までが、
遊びの守備範囲だったからです。
車窓から、住宅街を眺めると、(下の写真、中)もう、子供の頃の記憶と
重なります。(ほとんど、建物は当時の面影は残していないはずなのに)

それは、推測ですが、土地の区画が細分されずに、そのまま当時の広さ
を保っているからではないかと思われます。(ちなみに、世田谷区では百
坪ばかりの住宅はほぼ例外なく三分割され、昭和30年代のゆったりとした
住宅街の面影は急速に失われつつあります。)

仁川駅に近づくと、記憶にない池が見えました。(写真、右)
行ってみてもよいかもと目星をつけて仁川駅に降り立ちました。

  宝塚をあとにして 仁川住宅地 仁川弁天池

駅の地図を見ると、池の名前は「弁天池」。駅のすぐそばで、早速直行で
す。

        仁川駅周辺地図 仁川駅周辺地図2

昔からあるのかどうか知りませんが、ゆっくり休むには絶好の場所です。

弁天池弁天池2弁天池3

宝塚寄りに進むとベンチがあります。木陰のある場所を選んで、スケッチ
しました。(<本日の絵>参照)
(続く)


<本日の絵>
ワットマン SM 仁川、弁天池から甲山を望む
仁川駅、池より003
仁川駅のすぐ近く、宝塚駅寄りの線路わきに弁天池が
あり、そこから、かつて住んだことのある甲山の麓の住
宅街が遠くに見えることが分かりました。
真夏の日差しが照りつける中、わずかな木陰を見つけ
て、スケッチしてみました。
いつもなら、リブ一本で描くのですが、池の後ろから山
までは、0.3mmのペンで描きました。
描き込むと写真みたいになるので、これまで細いペンは
避けてきましたが、細かく描けるのでイライラは少ないこ
とがわかりました。
しばらく、0.3mmmのペンを使ってみようと思います。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術