太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~(3)

最後に、敏子の作品(?)についてコメントします。

太郎そのものが作品であったというならば、彼女の才能は、
そのマネジメント力、プロデュース力、実行力にあることに
なります。

それだけならば、太郎を商品化するビジネスマンの姿ですが、
ドキュメンタリーの冒頭で、太郎が渡仏し、長期間滞在中に
交わされた往復書簡の朗読を聞いた印象は、むしろ細やか
な心をもつ文筆家です。

やさしい言葉だけを用いて情感豊かに表現しているように思
いました。非凡を感じます。まだ自分が何者か分からない若
き時代です。

けれど、その後太郎の横で、鬼気迫る姿で(という生存者の
説明がありました)太郎の言葉をメモにとり、著作に表してい
く姿は、すでにプロの文筆家に変じています。

ドキュメンタリーとして彼女の全人生を通してみると、はたし
て、彼女がもともと望んだ人生かどうかわかりません。

もしこれが公認の妻だったらどうか。それはそれで、はたか
らみて、家庭のひととして落ち着いて暮らす別の人生があ
ったかもしれません。

けれど芸術家のそばにあって家庭の女性としてではなく、自
分の才能を太郎を介して表現していくという道を選ばざるを
得なかったのだと思います。

改めて振り返ると、昔から気になる人たちがいました。(黒光
とモリゾは最近ですが)

岡本一平に対する岡本かの子
高村光太郎と妻、智恵子
三岸好太郎と三岸節子
竹久夢二と笠井彦乃
野口米次郎とレオニー・ギルモア(イサム・ノグチの母)
マネとベルト・モリゾ
碌山と相馬黒光

いつか取り上げてみたいと思います。
(画家と文筆家といえば、わがN先生と故宮本美智子氏との
関係をふと思い出しました。著作を読んでみる必要がありそ
うです)


<本日の絵>
Daler & Rowney アクアファイン 254X178mm ジャズプロムナードイン仙台での演奏
ジャズプロムナードインセンダイ166
前回の本日の絵で紹介した円形劇場を移動して、こんどは県庁近くの
公園内の野外劇場の会場に向かいました。トランペット奏者の体重
移動を表現したつもりです。


テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~(2)

岡本太郎については、戦後のころからすでに有名人であっ
たと思います。

けれど今回のドキュメンタリーでは、あこがれの太郎と出会
い、秘書(兼恋人、実質上の妻)となり、心の葛藤をへてパー
トナー、プロデユーサー、最後には影の共同創作者にまで自
らを高めて、人生を主体的に築き上げていく敏子と、太郎の姿
をあわせて追っています。
(詳しくは、今後の再放送を見ていただくしかないのですが)

特に、瀬戸内晴海(寂聴)の出現以降の二人の心理的関係は、
とても複雑で、新たに発見された敏子の小説と日記の朗読を
織り交ぜながら、ドラマじたてで進行していくため、臨場感が
ありました。

結局、これまで報告されない新しい一人の女性の生き方(ある
いは、男女二人の生き方)が主題のようですが、それを強調す
るあまり、個人のプライバシー(日記)を、恋敵(といってよ
い)瀬戸内晴海に見せてしまうという制作者の姿勢に抵抗を感
じる人も多数いるかもしれません。

実際、岡本太郎が好きな人は、戦後の大半の太郎の創作活動
に、敏子の意志が入っているとなると、仮にそれが事実だとして
も受け入れられないのではないでしょうか。
(絵だけでなく、戦後の著作活動のすべてが敏子の文章である
という説明になっています。)

個人的には、岡本太郎の絵を好きになったことはありません。
これは岡本太郎の有名な言葉:

1.うまくあってはならない
2.きれいであってはならない
3.ここちよくあてはならない

という考えのもとに基づいた絵ゆえに、「不快感」が先に立つた
めだと思いますが、これはこれで太郎の意志が達成されている
とも言えます。

一方、岡本太郎が撮った写真はいずれも素晴らしい。もう何十年
も前から、彼の著作のモノクロ写真を見るたびに、ひそかに思っ
てきました。

線スケッチをはじめた現在、木村伊兵衛など、あらためてスナップ
ショット写真に関心を持つようになったのですが、太郎の写真は、
独特のインパクトを感じます。本来このような美的感覚を持つ太郎
ならば、おそらく美しく心地よい絵も描くことはできたでしょう。
さすがの彼も、写真には上の3原則を適用することは考えが及ば
なかったようです。

やはり、太郎の才能は本物であった可能性が高く、ドキュメンタリ
ーが明らかにしたように、敏子が太郎の才能をどんどん引き出し、
社会に広めていったことも間違いないことだと思います。
(続く)


<本日の絵>
Daler & Rowney アクアファイン 254X178mm ジャズプロムナードイン仙台での演奏
ジャズプロムナードインセンダイ165
ビッグバンド用の仙台市庁前の大広場会場から、定禅寺通り沿いの円形劇場
に移動して、女性のピアニストが率いるトリオの演奏をスケッチしました。
昨年も、マイブックスケッチを行った場所です。今回は彩色可能な、B5版の
水彩紙に変えました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~(1)

土曜日、昼食のために仙台ショッピングモールにで
かけ、自宅に戻ってテレビをつけたところ、NHKのス
ペシャル番組「太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極
の愛~
」が開始されたところでした。
(東京では、昨夜放映されたようです)

ただならぬ導入部に引き込まれ、1時間近い番組を一
気に見てしまいました。

岡本敏子という名前を知ったのは、ほぼ6-7年前、
現在、渋谷駅から井の頭線の渋谷駅を結ぶコンコー
スに掲げられている「明日の神話」を、メキシコで
見つけて日本に持ち帰ったドキュメント番組を見た時
です。

その時に、彼女が岡本太郎の秘書で、実質的な妻で
あったこと、その後なぜか養女になったことを知りまし
たが、当時、それほど深く考えることはありませんでし
た。

今回は、新たに見つかった敏子の資料に基づいて作ら
れたドキュメントですが、昔はキレイゴトで済ましてい
NHKの番組作りとは異なり、男女の仲、特に女性の生
き方の本質に、大胆にせまる内容だったと思います。
(昨年日曜美術館で放映された、相馬黒光と荻原碌山
との関係も、かなり踏み込んでいるのに驚きました。
もっとも単に自分が時代遅れのせいかもしれません)

線スケッチを始めて以来、絵画や芸術にかかわった女
性に、なぜか関心を持つようになりました。

相馬黒光の記事の自伝でもそうでしたが、娘時代から、
亡くなるまでの岡本太郎との長い関係の中で、敏子が
変化していく過程がつぶさに描写されています。

現在と違い、結婚も仕事も受け身であった時代、いか
にして自らの道を見出していったのか、「堺廻り」は一
旦中断して、このドキュメンタリーに寄り道してみます。
(続く)


<本日の絵>
マイブック トランペット奏者
ジャズプロムナードインセンダイ164
ジャズプロムナード仙台にて。単独奏者を
描いた2番目のスケッチです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仁徳稜から竹内街道へ 堺市内廻り(4)

仁徳陵の西側の周辺道路を進みます。途中、歌碑が並ん
だ場所や、あやめ(かきつばた?)が植えられた掘割が、ス
ケッチ心を誘いますが、今回は我慢です。
(まだ実行したことはないのですが、写真をもとにスケッチで
きるよう、何枚も写真を撮っておきました。)

  仁徳稜周囲   仁徳稜周囲2

仁徳稜を離れて、旧市街の方に向かいます。国道を横切る
旧街道も重要な観光資源です。「竹内街道」。 最古の官道
が現れました。

       堺・街道 堺・街道2

上の写真の碑を見た瞬間、なぜかそのときはわかりませんで
したが、「街道をゆく」の司馬遼太郎を思い出しました。

それもそのはず、後でしらべると、司馬本人が幼少を過ごした
母の実家が、この街道沿いの町(當麻町)でした。
(続く)


<本日の絵>
マイブック トロンボーン奏者
ジャズプロムナードインセンダイ163
ジャズバンドで、舞台に全面に出て演奏する姿を一名づつ
描くことにしました。まずは、トロンボーン奏者。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

大仙公園 堺市内廻り(3)

仁徳稜の正面の道路を挟んで南に「大仙公園」が広がって
います。
    堺・仁徳稜公園 堺・仁徳稜公園2

写真、左の地図と右の地図では北と南が逆に表示されてい
ます。右の大仙公園の拡大図をみればご覧の通り、大小8-
9個ほどの古墳が散らばっています。

  堺・仁徳稜公園3 仁徳稜公園5

この公園は、広い野原に木々が散らばっているところは、
先日の記事で述べた都立砧公園によく似ています。
しかし、上の写真でお分かりのように、時折、堀をめぐらし
た、木々で覆われた小山がぬっと顔を出すのが非常に新
鮮です。
このような、公園は他にはどこにもないでしょう。

       仁徳稜公園6

実は、この公園には見事な日本庭園があるのですが、残念
ながらこの日はお休みでした。仁徳稜に戻ります。
(続く)


<本日の絵>
マイブック ジャズ・プロムナード・イン・センダイ
ジャズプロムナードインセンダイ162
先日、記事にしたジャズプロムナードイン仙台のジャズバンドを
スケッチしました。
女性のサックス奏者、トランペット奏者が前に出てきたところを
捉えました。昨年の時よりも、比較的なめらかにペンが走るのは、
複雑な楽器の形を描くのにビビらなくなってきたせいかもしれま
せん。演奏を聴き、スイングしながら描くのは、この上ない喜び
です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仁徳天皇陵周辺 堺市内廻り(2)

今はどうか知りませんが、昔習った日本史の教科書
には、仁徳天皇陵の航空写真が載っており、世界最
大の墳墓であるということが頭に残っています。

      堺・仁徳稜5


とはいえ、古代の自然そのものの林におおわれたそ
の姿は、エジプトのピラミッドの人口的な石の建築物
とはずいぶん違うと思っていました。

その後の研究で、どうやら古墳は、今のような天然
林で覆われた小山ではなく、膨大な量の埴輪が、立ち
並ぶ人工的な建築物で、今とはずいぶん違う景色だっ
たようです。

それはそれで、月夜に黒々と埴輪が立ち並ぶ風景を
思い浮かべると、幻想的(いや不気味かも)な絵に描
けるかもしれません。

堺市駅から自転車でしばらく行くと、三国が丘駅に着
きます。そこから、線路沿いの道をいくと、住宅街の
屋根の向こうにこんもりとした山が見えます。平野の
中に見えるので、あえて言えばエイリアンの乗り物か
という雰囲気です。自然の木々だけど何か不自然な
感じ。

 堺・仁徳陵 堺・仁徳稜

どんどん行くと、周囲をジョギングしている人がいます。

   堺・仁徳稜5 堺・仁徳稜3

周囲は2,8km。 実際、正面に近づくほど、丁寧に石畳
で舗装された歩道がまっすぐ続いて、その周囲の巨大さ
が実感されます。

陵の南には、小さな古墳からなる大仙公園があり、仁
徳稜の周りには、反正天皇陵、履中天皇陵と、有名な
古代天皇名を冠した古墳から、大小様々な無名の古墳
が集まっています。
非常に、ユニークな場所と言えましょう。
(続く)


<本日の絵>
マイブック 電車内の若い夫婦
若い夫婦161
ハワイからの帰りの電車内でのスケッチです。
お母さんの顔が一つ目小僧になってしまいました。
ページの変わり目でそうなってしまいました。お許し
ください。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

自転車の町「堺」 堺市内廻り(1)

大阪市の南、堺市は古くは仁徳展の陵、戦国時代には、
千の利休、商人の町として、観光資源が豊富な割には、
現在、京都、大阪、神戸に比べて、影が薄いように思い
ます。

この街が、東北にあったのなら、一大観光地になること
は間違いありません。

ハワイから帰った翌々日、東京から堺にやってきました。
節電による東京の暗さ、電車の蒸し暑さを感じ阿た後、関
西に来ると、照明の明るさ、冷房の快適さに、しばらく忘
れていた電力使い放題の都市の快適さを思い出しました。

さて、「堺」です。「自転車のまち」だそうです。まったく知
りませんでした。資料によれば、全国の国産自転車、部
品製造の6割のシェアを誇るのだそうです。

JR堺市駅でレンタサイクルを探すと、ありました。コミュニ
ティーサイクルと名付けられた、観光というよりも市民のた
め(エコ)の仕組みのようです。
さっそく、一日使い放題の自転車を借りました。

           堺

いざ出発です。最初の目標は勿論、仁徳稜。世界一の墳
墓です。


<本日の絵>
マイブック 小田急線電車内
小田急線155
ハワイに出発する車内で。流れるままに、肩ひじ張らず、
ペンのすべるがままにといった心境です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ハワイの屋根家屋 ハワイ紀行(6)

ハワイも最初なので物珍しく、変なところに関心が行ってしまいます。
まず、ハワイの民家です。

とくに、一般住宅をみると、ここは日本かと思うほど、2階建ての戸建
て住宅が多いように思います。壁がモルタル風なのがよけい日本的と
思わせます。
あろうことか、日本の賃貸アパートそっくりな8-10戸ほどの細長いアパ
ートがあるのにも、驚きました。
(もっとも、周りの植生は南国なので、台湾の中に、日本住宅があるという
イメージでしょうか)

もともと、平屋が建ち並ぶカルフォルニア、西海岸のリゾート住宅を想像
していました。ところがいきなり、日本風の住居が現れたから驚いたわけ
です。
(ホノルルから離れてもっと別の海外では、おそらくカルフォルニア風な
のではないかとも推測していますが)

もうひとつ、言えるのは、屋根瓦があることですが、さすがに日本と違い、
様々ま色と河原の形状があることに興味を覚えました。

枚数が多く、くどくなりますが、例を示します。

ハワイ屋根 ハワイ屋根2 ハワイ屋根3

ハワイ屋根3 ハワイ屋根4 ハワイ屋根5 

ハワイ屋根6 ハワイ屋根6

同一色の瓦だけでなく、同系色3色を織りなしている瓦もおもしろいと思いま
す。


<本日の絵>
マイブック フラダンス
フラダンス160
ホテルの前の通りの向かいの海岸で、無料のフラダンスが
開催されていたのをマイブックにスケッチしました。色鮮やか
なダンスの服装もマイブックでは表せないのが残念ですが、
指や腕の表情を出すよう、気をつけました。 が、うまくいきま
せん。
ダンスの舞台の背後のガジュマルの大木を書きこむ時間が
なかったので途中の描きかけのままにしています。現場でな
いと、どうもあとで描くきになりません。
今回は本当に駆け込み状態スケッチです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台ジャズフェスティバル

先週の土曜日、久しぶりに仙台の休日を過ごしました。
お昼御飯を食べたあと、さわやかな天気に誘われて、
市役所前広場まで出かけたところ、ジャズの演奏が聞
こえてきました。
「ジャズプロムナード・イン・センダイ」のジャズバンドの
演奏です。

        ジャズフェスティバル

5月の青葉祭りは休止になりましたが、恒例のこの祭り
は昨年同様開催になったようです。

そして、印象ですが、心なしか、女性の奏者が多い気が
しました。サックスやトランペットなど、昔なら男性の独壇
場だった楽器を気持ち良さそうに吹くのをみると、時代が
変わったことを感じます。

  ジャズフェスティバル2 ジャズフェスティバル3

結局2時間近く、演奏を楽しみながら、いつものマイブッ
クではなく、色塗りができるようにSMサイズでスケッチを
しました。
(ハワイシリーズが終わったら、本日の絵で公開します)


<本日の絵>
マイブック ハワイ結婚式二次会
二次会159
ハワイの結婚式が終わった後、ワイキキのホテルに戻って、
二次会をしました。これも、歓談の間に猛烈なスピードで
描いたものです。今までマイブックでは、丁寧な線で描く
ことが多かったのですが、前前回の<本日の絵>もそうでし
たが、ここハワイでは荒っぽい線で描く必要があったので
す。結構気にいっています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

戦艦ミズーリ見学 ハワイ紀行(5)

結婚式の前日、パールハーバーのアリゾナ記念館、
戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館を見学してきま
した。

ミズーリ ミズーリ4

間近にみる、戦艦の威容は申し分なく、心おどります。
(本人は、まったくの平和主義者なのに)

突然、はるか半世紀以上前、雑誌「丸」の軍艦や戦闘機を
熱心に書き写したり、自分で描いたことを思い出しました。

まさに、N先生が言う、子供のころは誰しも絵心を持って
いるのに、いつのまにか失ってしまうという典型です。

無性にスケッチしたくなりましたが、我慢しなければなり
ません。
それにしても、この手作り感あふれる船内通路はどうで
しょう。裏路地にも似た感覚です。ねじ曲がり、波打つ
配線を描いたら気持ちいいだろうなーなどと妄想が浮か
びます。

          ミズーリ2 

船尾の甲板に周ると、テントが設営されていました。
近寄ると、

  "QUIET PLEASE, CEREMONY IN PROGRESS"

とあります。

        ミズーリ3

まったく知りませんでした。実は、明日は米国メモリア
ル・デー(戦没将兵追悼記念日)だったのです。奇しくも、
ミズーリは我が国が降伏の調印をした場所。

半世紀前だったら、日本人がこの日に結婚式なんて、袋
叩きにされていたかもしれません。
何ということだ。でも、さすがに、今では特別な眼はないよ
うです。
(続く)


<本日の絵>
     モール街158
家族のショッピングにつきあうなか、ハワイのモール
街でマイブックスケッチを試みました。
が、時間が足らず、左1/4のみで中止。書籍のカット
図のようになってしまいました。
右側にお店の入り口。上部は、アーケード。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術