仙台が生んだアンビシャスガール 「星良」、あるいは相馬黒光(5)

仙台時代には彼女の恋愛観、結婚観を左右する重要な
出来事がおこりました。

それは姉の蓮子の発狂です。
原因は、婚約解消でした。

すでに東京で著名人だった、黒光の叔母、佐々木豊寿(
幼名、艶)の紹介で、豊寿が副会長をしていた団体、嬌
風会の会長、矢島女史の息子と婚約し、東京で花嫁修業
をしていたところ、突然、理由なく仙台に返されたのです。

蓮子は、ほどなく発狂します。自伝、「黙移」の中で姉が
発狂し、戸外に髪振り乱して駆け回る様子を描いた部分は
鬼気迫るものがあります。

黒光は、姉の取り押さえ役を任されますが、「黙移」の中
で「年の頃は十二、三才お下げ髪の子供の私」が、「見せ
つけられたものは、肉親の姉のこういう悲惨な姿」であり、
「姉の狂える魂の叫びが胸に喰い込みました」と語ってい
ます。

このあと、男性不信(姉の婚約相手)と社会指導者にある
矢島女史の「公」と「私」の一面も著しい落差により社会の
根底を疑う心の眼を植えつけられたと振り返っています。

「そうして成長した私は極端に異性を憎悪し、またいささか
こちらが強くなると相手を嘲弄したりして手のつけられぬ
見事駻馬になってしまいました。これがため周囲の異性や
夫を如何に苦しめ、迷惑をかけましたか、思えば恐ろしいこ
とでございます。」
以上の文章を書いたのは黒光が60歳の時ですが、この中
ですでに、後年の彼女の異性に対する態度が自身により
分析されています。

実は、ここでは詳しく描きませんが、恋愛観、結婚観に関し
ては、二つのエピソードを外せません。

一つは、伊達藩の支藩の領主の孫で画家の卵、布施淡との
交際です。
この明治の時代に、布施の友人とともに3人で泊まり込みの
旅行をしますが、現代ならともかく、当時大胆きわまりない行
動です。

そして結婚観に大きな影響を与えたのは、あの叔母、佐々
木豊寿の娘、信子の国木田独歩との恋愛と親の反対に逆ら
った結婚です(有島武郎の「或る女」のモデルだそうです)。
これは、悲劇的な結果に終わりますが、黒光が、のちのちま
でかかわっています。

この信子のその後の生き方は別の意味で興味深く、現代の
女性にも、考えさせるところがあると思います。一読してみて
はいかがでしょうか。
(続く)


<本日の絵>(途中経過版)
全紙 アルシュ 神宮球場
神宮球場(途中経過)
N先生に、東京36景展の候補としては却下されましたが、細々と色塗りを
続けています。建物がだめなら、空をドラマチックにするしかないのでし
ょうか。これまた考えあぐねています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台が生んだアンビシャスガール 「星良」、あるいは相馬黒光(4)

二つ目は、この時期に培われた宗教観、恋愛観、結婚観。

この仙台時代に、すでに将来の彼女の運命を決める宗教に
出会っています。

キリスト教(耶蘇教)です。

星家は儒家ですから、キリスト教は禁止ですが、実は婿養
子の父の実家、多田家は隠れキリシタン士族だったといい
ます。

その血のせいか、いとこの定吉はのちの仙台ハリストス正
教会の長司祭になり、伯母を始め多田一族は続々、ロシア
正教とカトリック教会の信者になっていきます。
(ちなみに、仙台ハリストス正教会は、私の住んでいる場所
から、歩いて数分のところにあり、東京の神田ニコライ堂ス
ケッチ対比のとして前から考えているのですが、残念ながら
建物は最近の建築のものなので、スケッチするかどうか迷っ
ています。)

             仙台・正ハリストス教会

その影響か、小学校のときから日曜学校に通い、仙台に教会を開いた
「押川方義」の話に聞きほれ、「島貫兵太夫」という、彼女の真の理
解者を得て、洗礼を受けることになります。
そして、ミッションスクールの宮城女学校に進学する道が開かれます。
(続く)


画用紙B5 コクヨ 「少女」(菊池契月作)模写(部分)
<本日の絵>
少女・菊池契月模写
模写の2作目ですが、あることに気がつきました。目の大きさです。
模写だからなのか、それとも自分のくせなのか、顔の幅に対し大きく描きが
ちです。今後気をつけなければなりません。
この作品の原作は、昨年出光美術館で行われた「日本美術のヴィーナス」
で見ました。大きな作品で、すがすがしい女性の姿が今でも目に焼き付い
ています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台が生んだアンビシャスガール 「星良」、あるいは相馬黒光(3)

(前置き)1週間近く、あるイベントを主催したので、この記事の書き
かけの草稿を毎夜横目にらみながら、疲れで続きを書く気がせず、
そのまま眠りに就く日々が続きました。
ようやく、仕事から解放されたので、続きを完成することにします。
それでは、お読みください。
---------------------------
ここでは、娘時代の黒光を、自身の著書、「黙移・相馬黒光自伝」
と、宇佐美承著、「新宿中村屋・相馬黒光」の二冊の本から探って
みます。

仙台の娘時代、彼女の人格を形成する上で鍵となる因子は3つあっ
たように思います。

一つは、学者の血と家の没落です。

仙台藩で重職についていた偉大な祖父と頭の切れる祖母。祖父母の
頭脳を受け継いだ良ですが、年々実家は没落していくばかり。婿養
子の父はなすすべもなく、このようななさけない父をみて育った彼
女が後に「夫の遺志を無視するかのように子を育て家を支配する」
と、宇佐美氏は言い切っています。

ただ、後年夫となる相馬愛蔵は、このようななさけない父親ではな
く、相当な人物でしたので、はたしてこの説があたるかどうかは分か
りません。
けれども、家が没落する姿を見て育てば、結婚したならば、自分が家
を支え、必ず家を栄えさせようという気持ちが育つのも無理はないで
しょう。
(続く)


<本日の絵>(途中経過版)
SM ワットマン 吉祥寺
吉祥寺スケッチ(途中)030(縮小)
初めて描いたSMサイズ。ところがいまだ色塗りを完成させて
いません。
その理由は一つ。夕暮れの街角をどう描くのか。とりあえず、
窓を黄色に塗り、あとを真っ黒に塗りつぶすのか、それとも、
通常の色を塗り、その上から紺色で塗りつぶすのか、決断で
きません。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台が生んだアンビシャスガール 「星良」、あるいは相馬黒光(2)

私自身は、これまで相馬黒光を全く知りませんでした。
けれどもwebで調べると、かなり多くの人が記事を書いています。
知る人ぞ知るという人物だったようです。

webの記事の内容は、若い芸術家たちとの交遊、、中でも人妻で
ある黒光に対する恋に苦しみ、彼女を示唆する彫刻を残して若くし
て亡くなった荻原碌山に関する話が中心です。

碌山だけでなく、彼女がかかわった若き美術家、学者達が、彼女へ
の恋心を翻弄され、ほとんどが悲劇的な死をとげているので、どうし
てもこのような男女のドラマに注目が集まるのはしかたがないでしょ
う。

けれど、このようなサロンの女主人としての活躍だけでなく、中村屋
の経営者の一人として重責を担いながら、官憲からにらまれている
外国人達(亡命インド人、ボース、白系ロシア人のエロシェンコ)を
かくまい、一方では五男四女の母親として、子供たちの運命を支配
する。(9人の子をうみ、6人が早世。子供たちは母親の強い力に反抗
し続ける)
自身は、太平洋戦争の困難な時代も乗り越え、天寿をまっとうする。

私にとっては、このような女性が明治、大正の世にいたということが
驚きでした。当時の才色兼備の女性と言えば、美人薄命、なぜか、
男女の関係では女性だけが世間から指弾され、早く亡くなるか、最
後はひっそりと社会の片隅で終わるというイメージがあったからです。

どうやら、このような固定観念は捨てなければならないようです。

このような、どう形容してよいかわからない強靭で複雑な性格がどの
ように培われたのか、あまりwebでは語られていない、仙台から
東京に出るまでの多感な少女時代、その生い立ちに注目してみたい
と思います。
(続く)


<本日の絵>
F4 ワットマン きたみふれあい広場の池の蓮の花
蓮の花(小田急操作場公園)(修正)(ブログ)
3-4年前に、小田急線、喜多見駅と成城学園駅の間の野川沿いにある
「きたみふれあい広場」の池の蓮の花を、描いたまま放っておいた線
描画です。水の色を塗る練習によさそうなので、これから完成させます。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台が生んだアンビシャスガール「星良」、あるいは相馬黒光(1)

ここに一枚の女性の素描があります。「こたつ十題(その一)」
描かれているのは、新宿中村屋の女主人、相馬黒光です。
描いたのは、彫刻家荻原守衛(碌山)。スピード感ある、達意の
線描が心地よい。
相馬黒光2

昨年、10月ごろ、日曜美術館を見ていて、耳をそばだてました。
番組は「碌山と“女”それは愛と悲しみから生まれた」という
NHKらしくないタイトルです

一応、主役は荻原守衛ですが、むしろ、相馬黒光が主役では
ないかと思うほどの内容です。しかも、男女の仲を中心に据え
ていました。

耳をそばだてたのは、相馬黒光が、仙台士族の出身だというナ
レーションです。

星良(菱)、それが相馬黒光の娘時代の名前です。

この仙台の地に来て、気がついたのは「星」という姓の表札が
あることです。あのショートショート作家、星新一の父親、星製
薬の創業者、星一と同じく星姓なのです。もっとも、星一は仙台
ではなく会津出身とのことですが、

仙台出身となれば、このブログで取り上げないわけにはいきま
せん。

碌山が愛の苦悩の中で死ぬまで、深くかかわったのが中村屋
の女主人相馬黒光。
番組終了後、彼女の「黙移 相馬黒光自伝」(平凡社ライブ
ラリー)を図書館から借りて読みました。
          相馬黒光
こんな本ははじめてです。なんとも言いようもない気持ちになる
本は。こんな女性が100年前にいたのか、仰天しました。
(続く)


<本日の絵>
F4 ワットマン 京都八坂神社境内
京都坂田神社
三年前、京都に行ったときに、あいた時間を利用して
八坂神社に行ったときに、あわただしく描きました。
樹木だけは塗り始めたのですが、後は線描のまま、放
ってありした。
日本の神社、仏閣の形は描くのは難しいのですが、こ
のように一部を描くと、ボロが出にくい気がします。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ニッカウヰスキー仙台工場・宮城蒸留所訪問(2)

空は快晴、風もそれほど吹いておらず、比較的あたたかく感じ
ます。が、さすがに山間部、建物の軒からつららが垂れ下がっ
ています。
前夜の雪が少し硬くなりかけて、誰も通らない道はすべりやすく
なっています。

ようやく受付に到着し、さっそく見学を申し込みました。12時半
からの開始です。
ニッカウヰスキー仙台工場4 ニッカウヰスキー仙台工場5 

開始まで30分あります。受付の建物を出ると、目の前には、池を
中心とする庭園が目の前に広がっていました。
遠くには、おわんをふせたような山と黒々とした木々が見渡せ、い
わゆる典型的なスケッチポイントです。これは、ここに来るまで
まったく予想していませんでした。
(池には二羽の白鳥が泳ぎ、上におは大型の白鷺が飛んでいいる
など、少し出来過ぎですが)

受付の女性に聞くと、春は桜、秋は紅葉の季節が、素晴らしいと
ころだそうです。レンガ建ての建物と、多くの樽の組み合わせで
よいスケッチになりそうです。是非、次回は良い季節に訪問した
いと思います。

一通り、池の周りを散策を終わったところで、見学が始まりました。
          ニッカウヰスキー仙台工場13

ピートによる原料乾燥、発酵槽、そして蒸留釜など、一連の工程を
建物ごとに順を追って見ていきます。

中でも印象的なのは、蒸留釜です。独特の形をしていて、しかも
クラシックな手作り感のある形(宮崎駿好みの形といってよい?)。
とても印象的です。
実際、ここの工場のシンボル・エンブレムとなっていて、ドアにも
それが描かれています。(下の写真左)

また、工場の中の蒸留釜には、すべてしめ縄が飾られており、これは
年中飾られているそうです。(最初見たときは、正月だけかと思いま
した)(下の写真右)

ニッカウヰスキー仙台工場9   ニッカウヰスキー仙台工場14

見学の最後は、楽しみな試飲です。シングルモルト、ブレンドタイプ
の年代物ウイスキーとアップル酒の三つを無料で試飲しました。
(いずれも満足。最後は、ほどよく酔いました)

          ニッカ牛スキー仙台工場

最後に、お土産店で買い物。最近人物模写を始めたことを記事にしまし
たが、室内、机上スケッチも久しくやっていないので、食べた後、スケ
ッチの小物となる、樽入りチョコレート、ウイスキー、ブランデーのミニ
チュアセットを買い、帰途につきました。


F8 ウォーターフォード 新宿御苑プラタナス並木
<本日の絵>
新宿御苑プラタナス並木(修正)(
中途経過の写真を以前紹介しました。これは完成版の画像です。
最初に、紙に印刷して切り貼りしてつなぎ、それをスキャンして、この
画像を作成したのですが、人物の服装の赤がくすんでいるのに気が
つきました。
ポストカードを次回の教室の日に持っていく予定ですが、やり直しを
しなければなりません。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ニッカウヰスキー仙台工場・宮城蒸留所訪問(1)

これまで、ウイスキーはスコッチウイスキーと思いこんでい
ましたが、昨年は「響21年」(サントリー)、「竹鶴21年ピュ
アモルト」が世界最高峰に輝くなど、世界でも評判がよいよう
です。

普段は、ジョニーウォーカーをあまり考えずに飲んでいました。
けれど先日、「新川伏流水仕込シングルモルト・宮城峡・仙台
宮城峡蒸留所一九六九年創業」(ニッカウヰスキー)という長
い名前のウイスキーを店頭でみかけ試しに買ってみました。
ずいぶんスコッチウイスキーとは異なる味と匂いです。心なし
か「和」を感じるのは、考えすぎでしょうか。 

というわけで、このウイスキーの原酒を作っている、仙台宮城
峡蒸留所に出かけました。

仙台駅前から「作並温泉」行きの市営バスにのって、1時間、
渓谷に挟まれた素晴らしい環境の工場入口につきました。
(実は、ここは仙台市青葉区内です。市内バスで来ることが
できるのです)
創業者の竹鶴政孝が、北海道余市に次いで、2番目の製造工
場をこの地に偶然見つけたそうです。
見学受付まで、660mもあるかなければなりません。
ニッカウヰスキー仙台工場2 ニッカウヰスキー仙台工場3 ニッカウヰスキー仙台工場12

いざ、敷地内に入ります。
(続く)


<本日の絵>
マイブック ニッカウヰスキー仙台工場 雪景色
ニッカウィスキー仙台工場(ブログ用)
先に、絵を紹介してしまいます。次回、ご紹介しますが、余市工場で使
用された古い蒸留装置が、展示されていました。竹鶴は、敷地内の木を
残すように建物を設計したとのこと。その林の向こうに、樽を寝かせてお
くレンガ建ての貯蔵倉庫が見えます。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

動画映画監督・高畑勲の「一枚の絵から」日本編(6)

このシリーズの最終回です。
伊藤若冲 鶴図屏風の章から、以下を引用します。

 若冲流の不思議な気韻生動がまさに「アニメーション」と
いう語を思い起こさせる。(中略)「鶴図屏風」を取り上げた
のだが、見ていくと、こちらにも。ころりころりころり、ひと筆
で描かれた鶴のからだが生み出すリズム感がなんとも快
い。


アニメーションと関連させるところ、動画監督であるこの著
者ならではです。

10年ほど前に、同じ著者の「十二世紀のアニメーション―
国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの」(徳間書店)
を、書店で見たときには、著者の問題意識をくみ取ることが
できず、おもしろそうだなという程度の感想でした。

今になってようやく著者の問題意識に追いつきました。

次に、歌川広重 「名所江戸百景」、「四ツ谷内藤新宿」の章
から以下を引用します。
           歌川広重・四ツ谷内藤新宿
          (出典:wikipedia)
視点や構図の取り方がおそろしく映画的だということだけでも
すごいが、これを、主に輪郭線と色面による表現だけでおこな
ったことに、もうひとつの近代性がある。(中略)
これが十九世紀後半の西洋の画家たちに啓示を与えないは
ずはなかった。彼らは自分たちに連綿とのしかかっていた強い
陰翳や立体的質量感の重苦しさから解放されたがっていたの
だから。


広重の版画が与えた西洋絵画への影響については、よく知られ
ていることですが、「映画的」という見方ははじめてのような気が
します。


<本日の絵>
マイブック 千代田線・人物スケッチ
小田急線・人物033
正月、ひさしぶりの電車人物スケッチが気持ち
よかったので、続けています。男性中心に。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

美人画修行をはじめます。

先日の教室では、今後何を描きたいのかということを
考えさせられました。

今まで、ひたすら現場での写生(生に写す)を心が
けてきましたが、都会スケッチにおける人物に関して、
自分自身何か足りないと思っていました。

N先生の話によれば、植物や建物は、写生を続けれ
ば何とか見れるようになるけれど、最後に残るのは
人物だということです。
プロでも苦労する人物。
このままでは、行き詰ることは確実です。

現在私が描く人物スケッチの中で問題だと思うのは、
女の人の表情です。自分で見ていても楽しくない。
そこで、決心しました。

ここは、写生ではなく、いかに美人を描くかを学ぶ
しかない。模写が一番ではないか。
これまでやらなくてはと思いつつ、さぼっていた学
習方法です。

とにかく手荒に扱える大型本を手に入れる必要があり
ます。、古本を探すことにしました。

さくら野百貨店の7階にBOOK OFFが最近開店したこと
を思い出し、さっそくでかけてみると、ありました!
「集英社版 現代日本美人画全集」の大型本と少し小
型の愛蔵版が。

          日本美人画全集

なんと、大型本が2000円。小型愛蔵版が一冊150円。
新品同様がこの安さ!
これで模写のため、手荒く扱えます。

さっそく、模写にとりかかりました。(<本日の絵>を
参照ください。)


画用紙B5 コクヨ 大原の娘 模写
「大原の娘」三輪良平模写
三輪良平作「大原の娘たち」の右はじの娘像の半身のみ
模写してみました。顔の表情よりも、指先には苦労しま
す。しばらく模写を続けてみます。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

動画映画監督・高畑勲の「一枚の絵から」日本編(5)

与謝蕪村 雲上仙人図の章では、日本人と筆と線描画の
関係を記述しています。

なぜこんな私事を(父親が常に筆を携えて手紙や絵を
書いたこと)長々と書いたかと言えば、ある時代までの日
本人は、みんな筆を使って字や絵を書いたということの
例にしたかったからだ。

江戸時代の旅行家はみな矢立をもち、渡邉崋山のような
画家だけでなく、菅江真澄や松浦武四郎なども、心覚え
のために字を書く筆で簡単な線の絵も描いた。川を遡る
船上でまわりの光景を描きとめたりもしている。

今ならば写真を撮るかわりだった。そこでは絵と字が一
体となっている。なんと筆は便利なのだろう。色を使わ
なくても、筆は水で薄めればある面積を塗ることができ
る。水墨画というような立派なものでなくても、字を書くた
めに筆がうまくさえ使えさえすれば誰にでもとりあえず絵
は描けたのです。


以前、菅江真澄や渡邉崋山のスケッチを紹介しましたが、
著者は、その生き生きとした線描画は筆を常に携えていた
せいだというのです。

線スケッチを始めるにあたって、字を皆さん書いている
のだから誰でも絵は描ける(線描の絵ですが)とN先生が
言われているのと同じ考えを著者は述べています。

余談ですが、祖父は絵、著者の父親は書、4人の姉は皆
ペン習字、絵をたしなむのに、実は、著者自身は何もでき
ないとのこと。

最後に、「筆をつかえないからこそなのだが、修辞だけでな
く、昔の寺子屋のように、初等教育で筆書きを必修にするべ
きだと主張したい。」と締めくくっています。
(続く)


<本日の絵>(途中経過版)
SM ワットマン 吉祥寺・ハーモニカ横丁
吉祥寺スケッチ(途中)031(縮小)
まったく写真をみないで色塗りをしてみたのですが、
だめですね、赤や紫のみが目につく、特徴のない
配色になってしまいました。
やはり、自分は感性がないことを証明したようなもの
です。
残りを塗るしかありません。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術