今年最後のあんカフェオープンアトリエ・スケッチ教室

あんカフェオープンアトリエで午前中実施しているスケッチ教室の
生徒は、Mさんおひとりでしたが、12月からKさんが参加されてい
ます。

12月16日(水)は、今年最後の教室となりました。
Iさんは、箱物のスケッチ、2回目のKさんには野菜・果物のスケッチ
と、それぞれの進捗に合わせてモチーフを変えています。

     あんカフェオープンアトリエ、スケッチ教室


Kさんには、果物と野菜を乗せるお皿の用意をお願いしたところ、
百円ショップに絵柄の縁取りのある、紙製のお皿をもって来られま
した。

軽いので持ってくるのに疲れないのと、絵柄がシンプルで初心者の
スケッチには持って来いのお皿です。他の教室でもこのお皿は役に
立ちそうです。

そのお皿にのった玉ねぎとリンゴをさっそくスケッチしてみました。
あんカフェオープンアトリエ、スケッチ教室2

(<本日の絵>)

<本日の絵>
フライングタイガースケッチブック 静物スケッチ(お皿にのった玉ねぎとリンゴ)(線描)
お皿に乗った玉ねぎとリンゴ(縮小)
教室では、生徒さんから様々な質問を受けますが、この場合はどこから描き始めるか、
重なり合う対象をどう描くかなどです。しかし、どのように描いたかまったく無意識だっ
たので、聞かれてはじめて描き順を思い出し、なぜそのように描くかをあらためて理屈
を考えました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 静物スケッチ

あんカフェ・オープンアトリエ初日(3) 人物スケッチ

前回に続き、オープンアトリエで描いた人物スケッチです。
これが最後です。


<本日の絵>
フライングタイガー スケッチブック 人物スケッチ(あんカフェオープンアトリエ)
人物(オープンアトリエ)557(縮小)
人物スケッチで口の中の歯をきちんと描くかどうかはいつも問題です。
通常の濃さの線で歯を描くと、なぜか大きく目立っておかしい感じがど
うして出てしまいます。
グレーのペンで描くとよいのですが、あいにく持っていませんでした。


テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ

あんカフェ・オープンアトリエ初日(2) 人物スケッチ

第1回のオープンアトリエで描いた人物スケッチの2枚目を紹介します。


<本日の絵>
フライングタイガー スケッチブック 人物スケッチ(あんカフェオープンアトリエ)
人物(オープンアトリエ)(縮小)
スケッチをする前は、眼鏡をかけた人の目玉は、眼鏡のレンズの
真ん中にあるものと思い込んでいました。
けれど、実際は眼鏡のレンズの上部、あるいはフレームの上の方
にあることにはじめえ気が付きました。
このケースでは、まず眼鏡を描いてから、目はあとからレンズの上
を意識して描いています。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ

第2回オープンアトリエ フライングタイガー・スケッチブック彩色(2)

前回の記事で言及した石仏のスケッチを<本日の絵>に示します。

4月の初めに、桜が見られるとのインターネットの情報で醍醐寺を
訪れたのですが、散ってしまったばかりで、しかたなく道のわきに
ひっそりとたたずんでいた石仏を描いてみました。

ラインの館のラフスケッチの発色結果に満足して、ついでに彩色
してみたのです。赤の色もすなおに出ているように思います。

<本日の絵>
フライングタイガースケッチブック 醍醐寺の石仏
醍醐寺石仏554
赤を塗ると火炎のように見えます。静かなたたずまいだったこの
石仏には似合わわない色を使ってしまったと思いましたが、あと
の祭りです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 京都 静物スケッチ

第2回オープンアトリエ フライングタイガー・スケッチブック彩色(1)

第2回オープンアトリエを終えました。
今回は、魔女メグさんとのまじめなスケッチ談義に終始した一日になり
ました。
このような時間を持てるのも、このカフェの持つ雰囲気だからこそと思い
ます。

普段、もやもやと考えていることを口に出して人にぶつけてみると、思
いがけない内容が帰ってきます。それが新鮮な驚きになり、結果的に、
それが自分の絵にも反映されていく気がします。

魔女メグさんの多彩な試みは以下に示します。(フライングタイガーに
私が描いた石仏を除きます。)

         第2回アトリエ3 第2回アトリエ 第2回アトリエ2

なお、今回はじめてフライングタイガーのスケッチブックに描いたラフス
ケッチの彩色を行いました。

当初、わら半紙のようなこのスケッチブックの紙の彩色に危惧していま
したが、暗く沈むことなく意外に発色がすなおに出たのに驚きました。

これからは、彩色もしていこうと思います。(<本日の絵>参照)

<本日の絵>

神戸北野・ラインの館(彩色)
神戸ぶらりスケッチ会のときのラインの館のラフスケッチです。
ラフスケッチなので、今後は塗りこみすぎないように心がけた
いと思います。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸