再び名古屋駅前へ 初めての「ミッドランドスクエア」

11月10日、11日と名古屋、四日市への出張です。結局、初
個展の準備は完成せず、出張から帰る怱々、会場へ直行し
ました。

その前に、前日の名古屋駅前の記事を書くことにします。
今回の会議の場所が、このミッドランドスクエアの高層ビルの
高層階(38階)の会議室が出張先だったのです。

これまでまったく気がつきませんでした。ミッドランドスクエア
は、まるで六本木の東京ミッドタウンのコンセプトそのものです。
低層の商業ゾーンと高層のオフィスタワーです。

しかし、資本はM井さんではなく、世界的大企業のT自動車さん
です。(こんなもってまわった書き方をしなくても、すぐに読者の
皆さんは、お分かりでしょうが。)

未ッドランド ミッドランド2 ミッドランド3

まず、24階のロビーには、外の景色がわかるオープンエレベー
ターで向かいます。
名古屋駅のタワーが目の前に迫り、なかなか景観です。

            ミッドランド4

会議終了後、近くの食堂街で、味噌鍋を食しました。(名古屋
コーチン、名古屋の赤みそ、うどんなど、名古屋名物満載の鍋
物です。

翌日は、四日市なので、早めにビジネスホテルへ向かいました。


<本日の絵>
マイブック 東北大学病院 待合室にて
      東北大病院(人物)295
病院では、ひたすら待つ。その姿です。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

中部国際空港 名古屋訪問(2)

名古屋駅近くのホテルに泊った翌日は、朝
から快晴。

当日、中部国際空港セントレアで仕事です。
仕事が終了したので、どこかスケッチポイン
トはないかという気持ちで、空港内を探検し
ました。

出発ロビー正面にあるエスカレーターをのぼ
ると、レストランと土産物屋さんが建ち並ぶ
フロアーに出ます。

      中部国際空港

当初は名古屋の人も物珍しさで、休日は押し
寄せたようですが、最近は旅行客のみで、観
光スポットとしては落ち着いているようです。

期待の「スカイデッキ」は、屋根全体がデッキ
となっているので、広々として、360度見渡せ
ます。

さっそく、色とりどりの飛行機がならんだ姿が
目に入ってきました。スケッチ心がでましたが、
ここはがまんと全体をみることにしました。

     中部国際空港2 

中部国際空港4 中部国際空港7

ぐるっとめぐると、多くの人々が離発着する飛行
機を眺める姿と、カラフルな飛行機そのものを描
くイメージが出てきました。

が、いかんせん、屋根も何もないなか、太陽光
が燦々と降り注いでいます。とても立ち続ける気
力はこの日はありませんでした。

というわけで、名古屋訪問では、スケッチは何一
つできませんでしたが、中部国際空港から乗った、
名古屋鉄道の車窓からは、常滑市、知多市にか
けて重厚な古い民家が数多く見えました。

街道沿いの姿は、おそらく古民家スケッチャーに
魅力的な地域ではないかと思ったことを最後に付
け加えて名古屋訪問記事を終えます。

<本日の七夕飾り和模様>
         七夕和模様3
ひし形模様の中にこれでもかと、種々の和模様を
押しこんでいます。
紺色と緑色の地が面積をとっていて、その中に朱(赤)
が混ざっている配色が個人的には和を感じますが、
本当にこの組み合わせが和を感じさせるのかどうか
検証が必要に思います。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

変貌名古屋駅 名古屋訪問(1)

先週の木曜日、名古屋に出張でした。4-5年前に名古
屋に行ったはずなのに、前回はトンボ帰りだったせい
か、まったく記憶がありません。

今回は、名古屋駅の近辺に宿をとったので、よく観察
することにしました。


新幹線から降りて、駅のコンコースを、地下鉄乗り場の
方に進むと、エスカレータが何台も2階に向かい、両側
に高島屋の店舗が続きます。

      名古屋駅構内

ホテルに向かう道すがら、大名古屋ビルヂングの裏側
に、一見すると古い建物が並んでいるのに気がつきまし
た。

大半は、居酒屋などの飲食業ですが、本当に古いのか、
それとも、古いよう見せた新建築なのか分かりにくい。

けれど、屋根周りを見ると、昔名古屋に住んでいたころ
を思い出させる雰囲気があり、本当に古い建物もありそ
うです。

いくつか、もし機会があればスケッチの対象にしたい
ポイントも含めて、以下にご紹介します。

名古屋駅前 名古屋駅前2 名古屋駅前3

  名古屋駅前6 名古屋駅前10
(続く)

<本日の絵>
ワットマン F6 マイアミ海岸
マイアミ海岸
前回の記事でご紹介した絵の完成品です。ペリカン
は、記憶で彩色しています。(本物はかなり違うで
しょう)



テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術