もみじ狩り2013(7) 仙台、東北大学片平キャンパス周辺

28日、仙台に日帰りで出張してきました。

もう北の都市は冬支度かと思ったら、それでも紅葉は残っていました。
時間がなく仕事先の周辺しか回れませんでしたが、以下ご紹介します。

まず、魯迅の下宿跡とその前の奥州街道沿いの、放送大学の校舎で
す。 放送大学の赤レンガの建物と真っ黄色の葉がよく似合います。

仙台紅葉 仙台紅葉 仙台紅葉

東北大学の正門横の銀杏の葉は、さすがにほとんどが落ちていました
が、足下は見事な黄色の絨毯です。東へ進むと明治時代の旧図書館
(現資料館)の前の燃えるようなドウダンツツジ、建物の向かいには、黄
金色に輝くメタセコイヤ並木、そして本部前の広場のドウダンツツジ群。
なんだかスケッチしたくなってきました。

仙台紅葉 仙台紅葉 仙台紅葉 仙台紅葉

突き当たると、やはり明治時代の理化学実験室が、こちらはまだ黄色の
葉をつけた銀杏越しに姿を見せます。外装を白く塗りなおしたため、なか
なかいい雰囲気になっています。

そして、左に進むと、北門に出ます。(写真をとりませんでしたが、ここも
見事なメタセコイア並木)、出ると教会横に見事に赤く色づいたヤマモミジ。

          仙台紅葉 仙台紅葉

東北大学を後にして、元の住まいを目指します。モール街の中はあまり変
化はありませんでしたが、藤崎百貨店前に出ると様相が変わりました。

サンモールの入口には、高層タワーが出現したのです。

        仙台紅葉 サンモール

開業が待ち望まれる、地下鉄東西線の駅ビルです。
仙台を去って、来年3月には2年になります。

月並みですが、やはり月日の経つのは早い。懐かしの藤崎百貨店の食品
売り場で、仙台土産を購入し帰路につきました。

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(京王線千歳烏山駅プラットフォーム)
人物スケッチ(千歳烏山駅ホーム)022
以前、向かい側のホームの人物で失敗したので、自分
がいる同じホームの人物で試みました。しかし、やはり
すぐに電車が滑り込み、あっという間に眼前から消え去
りました。かなりの部分、空描きです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

久しぶりの仙台

3月15日に日帰りで仙台に行ってきました。やく7か月ぶりの
訪問です。

            仙台駅

私が住んでいた一番町のモールも新しい地下鉄の駅が入る駅
ビルの工事が始まり、また長らく空室のままだった場所に、新し
いお店が入るなど変化が感じられます。

     仙台 仙台
            仙台

仙台に住んでいたころには、きちんとスケッチできなかった東北
大学片平キャンパスについても、改めて写真を撮ってきました。

どんどん新しい建物が建つ中で、戦前の建物がまだ残っていて、
窓や入口の小物が残っているとなぜかホッとします。

   仙台 東北大学 東北大学

      東北大学 東北大学

現場スケッチは諦めて、近々写真で描いてみたいと思います。


<本日の絵>
マイブック 千代田線人物スケッチ
電車スケッチ(千代田線)127
若者の眼のあたり、何回も描き直したらなんとも
怖い顔になってしまいました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台再訪

7月13日に、日帰りで仙台に行ってきました。
午前からお昼にかけて、仕事の打ち合わせを済ませ、
そのあと、久しぶりに仙台市内の様子を見てみました。

3月までは、連続的に季節の変化を追っていたのが、
不連続的に来訪すると、冬からいっぺんに夏の風景に
なっていたので、何か不思議な気がします。
(裸だった街路樹が、一変に緑満載、夏景色です。)

          仙台、夏 

凍えながら描いた東北大学北門のユリノ木の並木は、
緑したたる並木に変貌していました。
(下の写真、左が、当時。右が今回)
   桜小路ユリノ木並木(写真) 仙台、東北大学北門

何よりも驚いたのは、一度、描いてみたいと思っていた、
東北大学で一番古い校舎、旧制二高の校舎が、白色に
塗り替えられていたことです。

東北大学旧二高建物 東北大学旧二高建物2 東北大学旧二高建物3

このような白色になる以前は、建物はアメ色一色で、
ワイエスが描くオルソンハウスが連想されて、好き
な建物でした。


実は、この建物の変化を見た後、仙台駅の観光案内
所を訪れたところ、なんとアンドリュー・ワイエス
の展覧会が行われているとの情報を得ました。

もちろん、展覧会に直行することにしました。

<本日の絵>
本日の絵は休みます。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仙台よ-さようなら。仙台よ-ありがとう。

突然ですが、本年3月31日に仙台を去ることになりました。

ここ何日もブログを更新できずにいたのは、後始末のため
に、スケッチもブログの記事を書く余裕がなくなったから
です。

とても残念ですが、しばらくブログの更新頻度を落とすこ
とにいたいます。
(また、この記事は、4月初めまでトップにおくことにします。)

なお、東京にもどっても、なんらか仙台につながりをもてれ
ばと思っています。従って、副題の「仙台・東京 野外スケ
ッチ紀行」は変更いたしません。

ほとんど縁もゆかりもなかった東北、仙台。3年弱、住んで
みて、この町の素晴らしさ、東北のすばらしさに虜になりま
した。

ただ、よいことだけではなく、昨年の未曾有の大震災の経験
は、どう表現してよいかわかりません。ほぼ一年たった最近
テレビでは震災の特集が続いています。つい、すべてをくい
いるように見てしまいます。You Tube でも当時のニュースを
繰り返し見てしまいます。

心から、東北の復興を願わずにはいられません。

さようなら仙台。ありがとう仙台。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

レトロ感について(1)

このブログでは、スケッチに関わる内容を記事にする
方針でした。仙台を離れるにあたり、引っ越しまでの
の間、その方針を変更し、日記風に思いついたことを
書くことにします。

昨夜、不覚にも高熱を出してしまいました。この3年間、
風邪をひかないように気をつけてきましたが、最後の
最後にやってしまいました。

というわけで、地元のM医院に朝一番駆けつけたの
です。

大学病院は何度も通っていますが、いわゆる町の医
院は初めてです。
建物は、東二番丁通りに面し、アーケード街すぐそば
の繁華街で、周りはビルなのに、2階建ての一軒家。

中に入ると、全身に「いつぞや感」が走り抜けました。

そう、ここは昭和30年代から40年代初め。

デコラ張りの壁、丸いドアの取っ手、部屋の間取り・・・
なにもかも、忘れていたものばかりです。特筆したいの
は、どれも古びていず、ほころびもみせず、当時のまま
です。しかも、それは使われているのです。あめいろに
光るビニール張りの長椅子。それも当時のままです。

その椅子に座っていると背後から割烹着をつけた女性
が、「おはようございます」と声をかけます。みると、
その声の主は、白髪を後ろでひっつめただけの、きゃし
ゃな体つきの品の良い女性です。昨今のふっくりとした、
髪を染めて髪形を整えた現代の中高年の女性とは対
極です。

直感、医師のご主人を長年助けてきた奥さんであろう
と推察しました。
(続く)

<本日の絵>
本日の絵は休みます。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術