今年の桜(東京) 西用賀通りの桜並木

用賀地区も散歩コースの一つで、毎年素晴らしい桜を見せ
てくれます。

中でも、馬事公苑は素晴らしい庭園が無料で見られるので、
毎年出かけているのですが、残念ながら東京オリンピックの
会場になるせいか、改装のため長期閉鎖になってしまいまし
た。

さて、下の写真は西用賀通りの桜並木です。

用賀用水桜

延々と1kmほど直線で続く並木ですが、あまり桜の名所とし
ては知られていないようです。

南へ下り右側へ曲がると世田谷区の桜の名所の一つ、世田
谷公園です。いざ世田谷公園へ。今年はどのような桜でしょ
うか?

<本日の絵>
人物スケッチ(阪急神戸線)880
あまり一番目の車両に乗ることはないのですが、このときは
偶然最初の車両でした。思わず、運転手さんをスケッチ。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 人物スケッチ

今年の桜(東京) 千歳通りの桜並木

八重桜の季節になりほぼ桜の鑑賞はほぼ終わりかけています。
今月のはじめ東京に滞在していましたが、桜の名所にでかける
時間がありませんでした。

そこで、久しぶりに自宅周辺の桜を愛でることにしました。

まず、千歳通りの桜並木です。江戸時代に作られた用水が埋め
立てられたあとなので、玉垣と合わせてかつての用水の姿が忍
ばれます。

    品川用水桜

ちなみに世田谷区には、このような用水だけでなく、世田谷の
名前にある通り、谷(やつ)に流れている中小河川を暗渠化した
あとを車道ではなく歩道にし、道の周りを公園化した「緑道」が
区全体に広がっています。

川の後だけあって、緑道にも桜並木が多く、区民に愉しみを与
えています。

<本日の絵>
マイブック 人物スケッチ(阪急神戸線)
人物スケッチ(阪急神戸線)869

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

神戸スケッチブック展風景(線描)

前回の記事でご紹介したスケッチブック展最終日の会場風景の線描です。

会場は広く、もしスケッチブックを並べただけでしたら、締まりのない空間
になっていたでしょう。

主催者の魔女メグさんがご自身がデザインした帽子を真ん中に展示する
ことでアクセンとなり、単調さをさけることになったと思います。

その帽子を入れて展示風景を描きました。

<本日の絵>
maruman Vifart F4 スケッチブック展 in 神戸
神戸スケッチブック展(修正)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 神戸

スケッチブック展終了しました。

昨日、スケッチブック展が終わりました。

本来ならば、火曜日から会場に、詰めていなければならないのですが、
先週初めから東京に行くことになり、結局昨日最終日しか在席できま
せんでした。

会期中の様子については、you-me★さんのHP、「スケッチブック展」
に詳細が報告されています。(ここをクリックください)

なお、スタジオY3には、2ヵ月ほど前からフランス人男性が長期滞在
されています。毎日アトリエで精力的に絵を描かれており、前回訪問し
た時に挨拶しました。

名前は、イヴァン・シグさん。画家、イラストレータ、作家と多彩な顔
を持つ方で、昨日は前にお会いしたときよりも、急速に日本語が上達さ
れています。

5月にイベントを行うとのことで、昨日も朝から巨大な絵巻物に何とも
形容しがたい妖怪を描いていました。(5月のイベントの案内は下の写
真です)

          イヴァンさんの絵2

イヴァンさんのスケッチブックが展示されていましたので、<本日の絵>
に示します。

<本日の絵>
イヴァン・シグ作 スケッチブック
イヴァンさんの絵3

   イヴァンさんの絵

日本人には描けない線描の絵だと思います。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

スケッチブック展のお知らせ

本記事を4月16日まで先頭の記事にいたします。

現在、神戸・海外移住と文化の交流センターのアトリエ
(STUDIO Y3)で、スケッチ仲間と「KOBEみらくる部活」を
行っています。(部活の記事は、ココをご覧ください)

このたび、メンバーの一人の魔女メグさんが活動している
「スケッチブック展 楽描きの会」主催の「スケッチブック展」
に「みらくる部活」のメンバーも参加して、STUDIO Y3で行う
ことになりました。

下記の日程で行うことになりましたので、ご案内いたします。
お近くの方は、ぜひご訪問ください。

日時:2017年4月11日(火)~4月16日(日) 10.00-17.00
場所:神戸・海外移住と文化の交流センター・STUDIO Y3

案内状(日時修正)(ブログ用)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術